学校法人関東学院は、社会福祉法人の中央共同募金会と神奈川県共同募金会と協働して社会福祉事業を推進していくとともに、これからの社会福祉を担っていく人材を育成していくために、共同宣言を発表しました。4月18日(土)には、横浜・金沢八景キャンパスで共同宣言への署名式が催されました。

当日は、関東学院から増田日出雄理事長、小河陽学院長らが出席。共同募金会からは、斎藤十朗中央共同募金会会長、牧内良平会長らが出席しました。挨拶に立った出席者は「関東学院が社会のさまざまな場所で行なっているボランティア活動に対して、豊富な経験を持つ共同募金会からご指導をいただければ(増田理事長)」、「今回の共同宣言が、よりよい社会をつくることを実践していくという関東学院に脈々と受け継がれる営みを一層前進させるものであると確信しています(小河学院長)」、「こうした共同宣言は、全国でも初めてのもの。いいモデルケースになっていってほしい(斎藤中央募金会会長)」、「在学生が福祉に対する理解を深めてもらって、次の福祉社会を担っていく人になっていってほしい(牧内県共同募金会会長)」などと語りました。

今回の共同宣言を契機として、関東学院と共同募金会では、学生たちの地域におけるさまざまなボランティア活動への参画や、地域社会と連携した実践的な学びを通じて、これからの共生社会で必要な、主体的に多様な人々と協働できる人材の育成を目指していきます。

 
左から小河学院長、増田理事長、牧内県共同募金会会長、斎藤中央募金会会長

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.