関東学院大学は、横須賀市に本店を置く湘南信用金庫との間で産学連携協定を締結しました。5月21日には、横浜・金沢八景キャンパスで関係者が出席する中、協定の調印式を催しました。

湘南信用金庫は、横須賀市を中心に神奈川県や東京都を営業エリアとする金融機関です。関東学院大学がキャンパスを設置する横浜市南部や三浦半島周辺地域の企業を積極的に支援してきました。これまでにも、関東学院大学では湘南信用金庫の取引先である三浦市の農園で学生が農業体験に参加するなど、協力関係を築いてきました。今回は、これらの関係をより進展させ、産学が連携して地域社会の発展に貢献することなどを目的に、産学連携協定を締結しました。

調印式で関東学院大学の規矩大義学長は「本学と湘南信用金庫は、両者とも同じ地域を基盤に活動してきましたので、このような協定を結ぶことができたのは自然なことだと感じています。それぞれの特徴を生かして、大学と金融機関という枠組みにとらわれない共同事業を実施できれば」と期待を込めます。また、湘南信用金庫の石渡卓理事長は「地元の信用金庫として、地元に生まれた人が地元で学び、地元で働くという環境を、関東学院大学とコラボレーションしてつくっていければと考えていました。知恵や情報を交換するとともに、一緒に汗も流していきたい」と意気込みます。

関東学院大学と湘南信用金庫では、今後インターンシップの実施などの他に、共同での事業展開を検討していきます。


協定書を手にする規矩大義学長(左)と湘南信用金庫の石渡卓理事長(右)

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.