葉山御用邸に隣接する葉山しおさい公園に6月11日(木)、関東学院大学が生ごみ処理機「キエーロ」を寄贈しました。

キエーロとは、葉山町在住の松本信夫さんが考案した土を利用した生ごみ処理機です。土中の微生物がごみを分解し、臭いや虫が発生しにくいことなどから、葉山町をはじめとした地方自治体が各家庭への導入を推奨しています。関東学院大学では昨年11月に、松尾崇 鎌倉市長、平井竜一 逗子市長、山梨崇仁 葉山町長(経済学部2000年卒業)が来校し、廃棄物処理に関わるシンポジウムを開催して以来、キエーロの普及推進に取り組んできました。

今回設置されたキエーロは、寮生など今年2月に製作した10台のうちの1台。今回寄贈したキエーロ以外は、学生寮や学院内の認定こども園などで使用されています。

この日は、小山嚴也副学長や山梨町長らが参加して、公園の駐車場脇にキエーロが設置されました。山梨町長は「昨年のシンポジウムで、学生たちに私たちの思いが伝わって、キエーロを製作してくれたことが嬉しく思います。公園に設置したことで、来園者などにキエーロの存在をアピールできれば」などと話しました。小山副学長は「キエーロの発祥が葉山町ということで、今回この場所に設置できて嬉しく思っています。これを機に、町と大学での取り組みも広げていきたいです」などと挨拶しました。

葉山町では、町内の3割の世帯でキエーロが利用されいる現状を、家庭ごみの削減などのために2020年までに5割程度まで引き上げることを目標にしています。関東学院大学では、近隣自治体と協力しながらキエーロの普及などに取り組みます。

 

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.