6月1日(月)、横浜・金沢八景キャンパスに、アメリカジョージア州のジョージア・リージェンツ大学の大学生、大学院生13名が各国の教育研究のため訪れました。これは、社会福祉法人興望館の海外大学生の受入れ事業により、始めて実施したものです。

ジョージア・リージェンツ大学の大学生、大学院生は、小学校、中学校、高等学校の教諭を目指す大学生、大学院生です。当日は、午前中に関東学院六浦小学校、六浦中学校・高等学校を訪問。英語の授業に参加し、ランチの時間を一緒に過ごしました。午後は、横浜・金沢八景キャンパスで、建築・環境学部リサ・G.ボンド教授及び経済学部細谷早里教授の講義「日米における教員養成の比較について」に出席。日本とアメリカの教育養成課程の違いや学校組織の課題と現状について学びました。その後、みなとみらい地区を散策し、関東学院大学の学生と交流をしました。

来校したBoyington, Justin Ksithさんは、「日本の学校教育や生徒の学力水準の高さは、世界で広く知られています。日本の教育現場を見聞きできたことは、アメリカでの教育または学校問題について解決策を模索するなかで、とても意味のある経験となりました」と帰国後さまざまな人に今回の経験を伝えたいと語ります。

学生交流に参加した文学部3年宮本隼さんは、「日本人とは違い恥ずかしがらず、みなさんフレンドリーでした。相手のいいところを見つけて、コミュニケーションをとろうとしてくれました」と、交流した嬉しさを語ります。

関東学院大学では、これからも、国際交流を通じて学びを体感できる機会を提供します。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.