6月13日(土)~7月11日(土)にかけて全5回、KGU関内メディアセンターで関東学院大学主催の「『生活習慣病予防運動・要介護予防運動』指導者養成講習会」を開催しています。この社会人学び直し講座は、神奈川県、横浜市、神奈川県教育委員会の後援を得て実現し、6月20日(土)には、特別講話者として黒岩祐治神奈川県知事をお招きして開講しました。

今回の講習会(「生活習慣病予防運動・要介護予防運動」)は、この分野の実践者並びに指導者の養成として、日本では関東学院大学が初めて実施するものです。

当日は、県内外から行政関係者も含め約70名が参加。余暇教育学・体育学が専門で、この講習会のコーディネーターでもある人間環境学部の鈴木秀雄教授より、講義形式のみならず実際に出席者が身体を動かす体験も演習形式で行い、具体的な実践方法や指導法について学びました。その後、黒岩知事が神奈川県の取組みについて講話しました。

神奈川県では、超高齢社会への取組みとして「最先端医療・最新技術の追求」と「未病」とを融合させ新たな市場・産業の創出を図っています。その取組みの「未病」そのものについて、黒岩知事が特別講話しました。ご自身の経験も踏まえ、日頃の食や運動、加えて社会参加で未病を治すことができるという内容を語りかけ、受講者は熱心にメモを取っていました。

人間環境学部の鈴木教授は、「超高齢社会にあって、健康寿命の延伸は国民的課題です。行政施策の一環である“未病”についての講話により、運動習慣の社会化が積極的に掲げられました。さらに運動実践の具体的指導の提供により、個人の運動習慣化の具現化がなされ、これら二つ動きを具体化・顕在化できる道が開かれたと思います」と語りました。

 

写真提供:神奈川県

なお、この講座については、神奈川県サイトにも掲載されています。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.