関東学院大学と総合建設会社の安藤ハザマは、7月11日(土)、12日(日)に東日本大震災で津波の甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市でタグラグビー大会を開催するなどのスポーツを通じての被災地支援活動を実施しました。気仙沼市における活動は、今回で5年目を迎えます。

この活動は、「津波で地元のタグラグビーチームの道具が流されてしまい、子どもたちがラグビーをできないでいる」という報道に触れた安藤ハザマの社員(関東学院大学OB)が、関東学院大学のラグビー部などに声をかけてスタートしたものです。震災発生の2011年以降、気仙沼市でボランティア活動やタグラグビー大会などを実施してきました。現地での活動の他に、気仙沼市の離島・大島の児童を、横浜市の関東学院大学に招いてタグラグビー大会を開催するなど、交流を継続しています。

今年度は、関東学院大学が特別強化クラブに指定するラグビー部、硬式野球部、陸上競技部の学生26名と安藤ハザマの社員が現地を訪問。タグラグビー教室や野球教室などを開催しました。また、気仙沼市唯一の離島・大島で重機の入れない場所での瓦礫の除去作業に取り組んだり、気仙沼市役所に勤務する関東学院大学の卒業生による震災講話に耳を傾けたりしました。

12日(日)に開催したタグラグビー大会”福幸!気仙沼「絆カップ2015」”には選手・応援の父兄・スタッフ総勢400名が参加し、関東学院大学の学生や安藤ハザマの社員が、子どもたちの指導役となりながら、130人の参加選手と一緒に汗を流しました。参加した子どもたちは、「たくさん走れて楽しかった」「お兄さんたちが優しく教えてくれた」などと大会を楽しみました。

昨年に引き続いて活動に参加したラグビー部の高城佑太さん(経済学部4年)は「盛土工事や建物の建設が進み、気仙沼の風景に変化が起こっていることが印象的でした。タグラグビー大会に一緒に参加した中学生の中には『高校でラグビー部に入りたい』と言ってくれる子もいてうれしかったです。この中から、未来のラグビー選手が誕生してくれれば」などと振り返ります。

関東学院大学と安藤ハザマでは、今後も東日本大震災で被災した地域の復興支援に取り組んでいきます。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.