8月2日(日)、横浜・金沢八景キャンパスで、「子ども科学探検隊 ~植物のDNAを取り出してみよう!~」を開催しました。

「子ども科学探検隊」は、理科好きな子どもたちを支援し、科学体験活動の啓発や普及を図っていく団体である「神奈川県青少年科学体験活動推進協議会」が主催しているイベントで、神奈川県内に在住あるいは在学の小学4年生~6年生が参加可能です。県内の科学館、研究施設、大学、動物園などで、さまざまな科学のふしぎやものづくりの感動を体験でき、毎年夏休み期間に実施されています。

関東学院大学では、昨年に引き続き、理工学部生命科学コースの教員・大学生が参加し、子ども科学者18名がブロッコリー、ほうれん草のDNAを取り出す実験を行いました。

子どもたちは、3時間近くの講義・実験にも、大人の研究者にも負けない集中力で、植物のDNAを取り出すための抽出液をつくったり、液体窒素で凍らせた植物をすりつぶしたり、科学実験に取り組みました。実施後、取り出したDNAが入った小ビンを持って、子どもたちはとても満足した表情を浮かべていました。

関東学院大学では、今後も子どもたちが楽しみながら学べる場を提供していきます。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.