9月19日(土)に日産スタジアムで行われたJ1リーグ2ndステージ第11節の横浜F・マリノス対FC東京戦で、関東学院大学サッカー部に所属する富樫敬真選手(人間環境学部4年)が、初出場をし、初得点を記録しました。サッカー部に在籍した選手がJ1リーグで得点を記録するのは、今回が初めてとなります。

富樫選手は8月5日(水)に、サッカー部に所属したままJリーグの試合に出場できる「2015年JFA・Jリーグ特別指定選手」として承認されました。受け入れ先は、横浜F・マリノス(J1)となり、練習やJリーグの試合に帯同するなど、横浜F・マリノスの活動に参加してきました。

今回の試合では、後半28分に途中出場でJリーグデビュー。その後、「0-0」でこのまま引き分けかと思われた後半43分、中村俊輔選手の左からのセンタリングをヘディングでゴールに決めました。試合は、富樫選手のゴールが決勝点となり、「1-0」で横浜F・マリノスが勝利しました。

富樫選手は「ゴール前に飛び込めばいいボールが来ると信じて走りました。サッカー部では、今年の前期は難しいシーズンを過ごしていたため、こういう結果を出せるとは想像していませんでした」とプレーについて語ります。また「ゴールを決めた後は、お祝いの言葉をたくさんいただきました。応援してくれている人がいて、自分には感謝するべき人がたくさんいることに気づきました」と周囲への感謝を口にします。今後については「マリノスでも、部活でも、どちらで頑張ってもサッカー部のためになると思うので、自分に与えられた場所で全力を尽くします」と意気込みを語りました。

今後も、サッカー部と横浜F・マリノスで活動する富樫選手に、ご声援をお送りください。


試合後、共にヒーローインタビューを受けた喜田選手(左)と富樫選手     

(C)Y.F.M
 

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.