関東学院大学は神奈川県葉山町と、密接な連携・協力関係を築き、地域の持続的発展や課題解決、教育研究力の向上に取り組んでいくため「葉山町と関東学院大学との連携及び協力に関する協定」を締結しました。9月30日(水)には葉山町役場で山梨崇仁町長(経済学部2000年卒業)と規矩大義学長らが出席する締結式が執り行われました。

調印式では「これまでの葉山町の歴史の中でも、関東学院大学と多くのコミュニケーションをとりながらやってきました。お互いが助け合えるところで、地域のためにがんばっていこうという思いを、こうして形にすることできました」(山梨町長)、「個々のお付き合いは長い期間続けてもらってきました。これからあらゆる面で、学生や教職員と葉山町の職員や住民の皆さんとの関係をより深められればと思っています。困った時だけの関係ではなく、常にお互いを思い合って、いい関係をつくっていければと」(規矩学長)と挨拶があり、協定締結への思いが語られました。

関東学院大学では、葉山町の審議会などの委員として教員が参加したり、葉山町が廃棄物削減を目指して各家庭への導入を目指す生ごみ処理器「キエーロ」の普及啓発活動を共同で実施したりなど、これまでにも葉山町との協力関係を築いてきました。協定を締結したことを受けて、葉山町長が法学部の授業を担当することが決定するなど、より強固な関係を築いていきます


協定書を手にする山梨崇仁町長(写真左)と規矩大義学長(写真右)

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.