関東学院大学ウィンドサーフィン部によるウィンドサーフィン教室が、10月10日(土)に鎌倉市の材木座海岸で開催されました。このイベントは、2011年にスタートし、今回で5回目を迎えます。今回は、地元の小学生や中高生の他に、大学の留学生など、定員を超える24名の参加がありました。

いつも練習を行っている鎌倉に恩返しとして、子どもたちに海の楽しさを知ってもらおうと開催しているこのイベント。部員がボードへの乗り方やセイルの使い方を熱心に説明するところからスタートしました。次に、道具に触れます。道具の使用方法に慣れたら、海に出て実際に行うことを陸上で試しにやってみます。という風に段階を踏んで、部員たちが丁寧に教えていきます。すると、始めは10mで転覆をしていた参加者たちは、2時間ほどでウィンドサーフィンの基本的な技術を身につけ、波と風と格闘しながら海上を進んでいました。

ウィンドサーフィン部主将の野呂雄樹さん(理工学部3年)は「子どもたちや留学生とウインドサーフィンを通して交流することができ、地域に貢献できたことも嬉しいですが、ウインドサーフィンの楽しみを多くの人にわかってもらえたことも良かったです」と話します。

関東学院大学では、今後も、スポーツを通じた地域貢献を行っていきます。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.