10月23日(金)に、横浜・金沢八景キャンパスで元キマグレンのクレイ勇輝さんによる講演会が開催されました。

当日は、経済学部の学生を中心に200名近い学生が出席。クレイさんは、幼少期の海外経験や地元・逗子市での海の家ライブハウス立ち上げ、30歳を過ぎてからのプロボクシングの世界への挑戦など、常に前向きに物事に取り組んできた自身の半生を、学生たちに熱い口調で語りかけました。講演の中では、クレイさんがケーブルテレビ局の営業マンとして活躍した過去なども紹介されると、学生たちからは驚きの声が挙がりました。

クレイさんは「僕も高校生や大学生のころ、将来何がやりたいか明確なものはありませんでした。その中で、絶対にやらないだろうなと思っていたのが音楽でした。その時に、いろんなことにチャレンジできればと思って挑戦していました。人生は何が起こるかわかりません。だから、可能性をしぼって決めつけることはもっといないことかもしれませんね」などと、学生たちにエールを送りました。

受講した五十嵐歩美さん(経済学部3年)は「クレイさんは、前向きで行動力があってすごいなと思いながら、お話を聞いていました。お話を聞いて、新しいことに挑戦する時にマイナスな部分を考えがちだったけど、自分もできるだけポジティブな考え方をできるようになれば」と振り返ります。

 
このニュースについてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL:045-786-7049  FAX:045-786-7862 E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 

 
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.