本日(12月13日)、埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で行われた関東大学ラグビーリーグ戦グループ1部・2部入替戦で、関東学院大学ラグビー部が22-7で専修大学(1部7位)に 勝利し、来シーズンからの一部復帰が決定しました。

関東学院大学は前半、スクラムで劣勢な場面も見られ、3-7と4点を追いかける形でハーフタイムに突入します。後半は、宮川智海選手(経済学部3年)のトライで逆転すると菅沼神兵選手(経済学部4年)がコンバージョンゴールも決めて10-7。攻撃のいいリズムをつくれた関東学院大学は、そのまま専修大学を突き放し22-7で歓喜のノーサイドを迎えました。関東学院大学ラグビー部は、2012年の入替戦で立正大学に敗れて以来、待望の1部復帰を勝ち取りました。

試合後、高城佑太主将(経済学部4年)は「自分が1年生の時に降格を経験したので、自分たちの代で絶対復帰したいと思っていました。後半は途中交代で応援にまわりましたが、仲間たちを信じていました。やってきたことを全部出し切るだけだと思って試合に臨み、1部復帰を勝ち取ることができました」などと喜びを語りました。また、板井良太監督は「就任してからの最大の目標だった1部昇格を果たすことができ、今はただただ幸せです。前半はスクラムが劣勢でしたが、後半はスクラム、セットプレーと立ち上がりがよく、選手たちが立て直してくれて、この結果を得ることができました」などと、涙ながらに振り返りました。

来シーズンの、関東学院大学ラグビー部のますますの活躍にご期待ください。

 
このニュースについてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL:045-786-7049  FAX:045-786-7862 E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 

 
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.