関東学院大学人間環境学部客員教授として、映画監督の井筒和幸氏が2013年4月に就任し、4月23日(火)に初回の講義が開催されました。

フィルムによって撮影された映画と、デジタル技術によって撮影された映画との違いなど、ユーモアを交えながら、講義を実施。時事問題などに触れるとともに、学生との対話を通じながらの講義となりました。

井筒客員教授は、春学期に「言語・身体・メディア・コミュニケーション」、秋学期に「メディア・広告・イベント基礎」の2科目を担当し、複数回に渡って自身の映画監督としての経験を踏まえながら、学生に講義を行ないます。

井筒和幸氏 略歴

映画監督
奈良県出身。1952年生まれ。
高校在学中から、映画制作を開始。1975年にピンク映画で監督デビュー。1981年に「ガキ帝国」で日本映画監督協会新人激励賞を受賞。その後も「のど自慢」、「ゲロッパ!」、「パッチギ!」など、多くの作品でメガフォンを取る。最新作は2012年に公開された「黄金を抱いて翔べ」。映画監督して活動する他にも、テレビのコメンテータなどとしても活躍する。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.