関東学院大学では、2011年から様々な形で東日本大震災復興支援活動を続けています。その一環として、今年で3回目を迎えるボランティアプロジェクトを7月30日(火)~8月3日(土)・8月27日(火)~31日(土)の2回に亘り実施します。各回12名の学生と教職員スタッフが、宮城県本吉郡南三陸町志津川・中瀬町行政区で支援活動を行います。

応募者87名から学部・学年・経験などを考慮して24名の学生が決定しました。今年も「震災発生時は高校生で何もできなかったので、大学生になったらボランティアとして活動したいと思っていた」「体力には自信があるので、行政区の子どもたちとスポーツをしたい」など、明確な目的と高い意欲を持った学生が参加し、復興支援に取り組みます。

7月3日(水)に行われた事前研修会では、冒頭で震災当日の中瀬町の津波の映像を見て被害の大きさを再認識するとともに参加への心構えを新たにしました。

昨年参加した学生による支援活動中の服装や活動スケジュール説明の後、グループワークを行いました。出発までの3週間、グループとしてのまとまりを作り上げることも充実した支援活動を行うために必要な時間です。

このボランティアプロジェクトは、キリストの教えに基づく「人になれ 奉仕せよ」の校訓のもと大学が一丸となって行う活動です。草刈、仮説住宅の窓拭き、農地整備、食事交流会など現地の方々の生活に密着した支援・交流をしたいと考えています。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.