法学部法学科4年 荒井春樹さん
神奈川県 相武台(現・相模原青陵)高等学校出身
株式会社クリエイトエス・ディーに就職内定

荒井さんが受給している日本学生支援機構の第一種奨学金は、高校および大学での成績が一定基準を満たしていることが条件です。

「高校時代は、奨学金を受けてみようという気持ちはなかったので、あまり意識せずに人並みにがんばって勉強していました」。

4年生の今は、地方自治や広告物条例をテーマにした卒論の準備中だが、これまでは小田原キャンパス滄浪祭の実行委員会に所属したり、ボランティアサークル「小田原推進委員会」のサークル長を務めたりするなど、多忙な学生生活を過ごしてきました。

それができたのも奨学金のおかげ。毎月支給されている3万円は、ほとんど学費として使われてきたそうです。

「学生の本業は、やっぱり学業だと思うんです。アルバイトをしないと大学に通えないような状況では、勉強がおろそかになりがちです」

計画的に勉強を進められたことで、3年生で単位はすべて修得。時間を有意義に使ったことで得た経験は多いと言います。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.