福原有里菜さん
人間環境学部人間発達学科2年
千葉県 安房高等学校出身

入学した時からここに住んでいます。紹介していただいたのは、学生支援室。入学前の3月でした。キッチン・バス・トイレ付きのワンルームで、広さは20㎡。部屋代は管理費込みで5万5000円。京浜急行六浦駅から徒歩7分。大学までは自転車で10分あれば着きます。朝ごはんも夕飯も作りますよ。かぼちゃのホワイトシチュウが得意です。どこのスーパーのお肉が安いか、どこでセールをしているか、友達と情報交換するようになりました。家事・炊事・洗濯の大切さも実感しています。

将来、地元に帰って保育園に務めたいから保育士と幼稚園教諭の免許を取得したいと考えています。そのための環境としては最適です。授業・実習・ボランティアもすべてそのため。そう言えば、保育の教育実習のカードとか、実習で使うエプロンもこの部屋で友達と一緒に作りました。子どもに喜んでもらおうと思って、フェルトでウサギとニンジンをかたどってエプロンにつけました。自然に、子供たちと一緒に過ごすことをイメージしながら、学び・遊び・作り、友人と一緒に考え工夫している毎日です。ピアノも必要だと感じて週末に2時間くらい練習してます。

子どもの教育を考える、そのために行動する。一人暮らしをしているから集中できたのかな、と親には感謝しています。あ、忘れていました。先輩と後輩と仲間にも恵まれています。なぜか人間発達学科は、本当に仲がいいんです。一人暮らしすることは人間が生活していくうえで基本的に必要なことが自然に学べるし、それを土台にいろいろと工夫できる楽しさがあるので、これから一人暮らしに挑戦する人には自分なりの楽しみ方を発見してほしいと思っています。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.