経済学部経済学科3年 宮川拓也さん

小さい頃から映画を見るのが好きで、自分でもつくってみたいなと思って、このクラブを選びました。おこがましいのですが、映画を撮るようになって、見方も随分変わりました。シーンごとのカット割りやアングルなどを見て、監督が何を伝えたいのか意識するようになりましたから。また作品が完成したときの達成感は格別ですね。その作品を見た人から「おもしろかった」と言ってもらえると、本当に嬉しいですし。少しでも興味があれば、部室を覗いてみてください。映画は総合芸術。自分を成長させる魅力に溢れていますよ。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.