英語が話せるようになりたい!
その時、本気で思いました。


「アジア地域の現状を自分自身の目で確かめること。訪問先でのボランティア体験を通じて、英語によるコミュニケーション能力の重要性を再認識すること。それがフィリピン・セブ島での海外ボランティア・スタディツアーの目的です」。(橋本准教授・経済学部)

「住む場所を追い出されて墓場に住み着く家族がいるなんて…貧困層の人たちの暮らしに大きなショックを受けました。そしてストリートチルドレンだった人を前にして、英語でどう質問すればよいのか分からず、自分の英語力のなさを痛感しました。このツアーでの体験がきっかけで、私は帰国後すぐに留学への準備を始めました。コミュニケーションが取れないことのもどかしさを実感したからです。英語学習への私の背中を押してくれた、得がたい経験でした」。(吉田さん)

   
   吉田怜央さん  経済学部 経営学科 2年
   福島県 いわき秀英高等学校出身




【海外ボランティア・スタディツアー】
英語で行われる経済の専門授業や、就労体験をする海外インターンシップを推し進める経営学部、経済学部のグローバル人材育成プログラムの一環。その第一歩で、海外でのボランティア活動で英語を使う意識を高めることがねらい。

 
この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.