小田原市と小田原海外市民交流会が実施している「海外姉妹都市青年交流事業」では、1981年より小田原市と姉妹都市提携関係にあるアメリカ合衆国カリフォルニア州チュラビスタ市との間で、毎年市民訪問団の相互派遣に取り組んでいます。チュラビスタ市の青年が小田原を訪れて行うプログラムの一環として、関東学院大学国際研究研修センターの見学会が行われています。

 関東学院増田日出雄理事長より、関東学院全体の説明と国際研究研修センターの役割について、挨拶と説明がありました。その後、実際の研究内容や技術、その方法について具体的な説明を受け、参加した学生たちからは、多くの質問や意見があがり、興味を持って聞いている様子がうかがえました。研究所施設の見学では、国際研究研修センター内の材料・表面工学研究所の研究は世界に認められる技術であることや、更にそれらが自分たちの身近なところで活用されていることに気づき、感嘆の声が上がりました。

 同行した小田原市文化部文化政策課の竹井尚久副課長は「本交流事業では小田原市とチュラビスタ市それぞれが異なる産業や文化、観光の資源をもっているので、学生がそれらの違いを学ぶことを目的に実施しています。この国際研究研修センターの見学では、小田原市に世界的に高い技術を開発する研究施設があることを知ってもらうと共に、学生たちが学びや研究といった視点を持つきっかけになれば」と語ってくれました。





投稿日時:2019-08-22 17:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.