飛田健吾さん 経済学部経営学科2年
島根県 安来高等学校出身

短期留学を体験したことで、次の目標が見つかった

飛田健吾さんは、オックスフォード大学マンスフィールド・カレッジに、3週間短期留学しました。このプログラムを選んだ理由は、大学が企画しているとともに、何人かのグループで行くので安心感があったからだそう。

「英会話は得意ですが、海外に行ったことがなかったので、1人で留学するのには不安がありました。僕が行ったときの参加者は20人ほど、男女は半々でした。到着するとまずカレッジの寮に入りました」

カレッジでは、受け入れ大学の学生2名が、サポート役として付いてくれます。授業が行われるのは、主に平日の午前中。文法の授業もありますが、コミュニケーションのための実践的な英会話が中心です。休日や授業のない午後はオックスフォードやロンドンに外出。グループでの語学留学の場合、日本人同士で固まってしまい、英会話の勉強にならないと言われますが、飛田さんは地元の人に積極的に話しかけて、恥ずかしさを克服したそう。

「今度は長期で留学したいです。また、イギリスの学生は自国のことをよく知っていて、しっかりと話せるのに対し、自分たちはどうなのかと痛感しました。もっと日本について知らなくてはならないですね」。短期留学を体験したことで、次の目標が見つかったようです。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.