株式会社グリーンテクノ 営業課
林愛美さん
工学部物質生命科学科 2012年卒

大学の研究室の延長にある仕事に
就くことができて、幸運でした


4年生の春、キャリアセンター(現:就職支援センター)の就職支援プログラムで、「中小企業の魅力を知る」と題した公益財団法人川崎市産業振興財団のお話を聞く機会がありました。そこで、静電気を利用したキノコの増産装置である『らいぞう』という、ちょっと変わった商品を開発・販売する会社を紹介していただきました。私は、大学の研究室で植物細胞の研究をしていたので、「これは何なの? おもしろそう!」と関心を持ったのが、この会社との出会いです。

グリーンテクノは、高電圧電源をキーテクノロジーとする静電気を利用したアプリケーション装置を設計・販売しています。私は、営業を担当していますが、問い合わせのほとんどはホームページからなので、オフィスでお客様に装置の特性などを説明し、相談や要望に応じています。

また、キノコ農家に出向き、『らいぞう』を使ったキノコ栽培の状況を観察してデータをまとめるなど、開発部門に近い仕事もしています。小さな会社ですが、製紙、印刷、電気、自動車など一流企業との取り引きもあり、大学などの研究機関からの問い合わせもたくさんあります。

4年生のときは、研究室で朝9時から夕方まで、研究をしてはレポートを書くという生活をしていたので、その規則正しい生活習慣が社会人になっても生きています。また、データのグラフ化や、資料をまとめるスキルもとても役に立っていますね。

一般に静電気や高電圧というと、「ぴりぴりする」とか「痛い」といったマイナスイメージを持たれがちですが、実はさまざまなモノに応用できる優れた力があるということも、多くの皆さんにもっとPRしていきたいと思っています。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.