JA横浜 業務係金融担当
鮫島絵里奈さん 人間環境学部 現代コミュニケーション学科2012年卒

学生時代に培った人間力と、
一歩踏み出す勇気が
仕事のうえで、とても役立っています。


就職活動の際、「横浜勤務」と「福利厚生の充実」という点を重視して希望したのが、JA横浜でした。地域密着型で、年休や育休、産休、時短制度なども整っていて、女性が働きやすく活躍できる職場だと思ったからです。 入社して配属された営業の窓口では「人と 会話をするのが好き」という本来の性格と、学生時代の経験が生かされました。

大学では、1年生から4年生まで、学生スタッフとしてオープンキャンパスに参加。来場者の案内やキャンパスツアー、相談対応を担当しました。初めて来場された人に安心してもらえるよう第一印象をよくすることや、わかりやすく、うまく伝わるようにと工夫した経験は、窓口でのお客様への応対にもつながっています。

大学時代は、そのほかにも学生のメンター、ゼミの教授のアシスタント、中国への交換留学など、興味のあることには積極的に行動しました。やりたいと思ったことに挑戦できる場が、関東学院大学には多かったと思います。

特に関東学院125周年の記念式典で、学生代表のスピーチをさせていただいた経験は、自分にとって大きなチャレンジでした。今、お客様に物おじせずにお話できる度胸も、そこで培われたのかもしれません。

窓口での勤務は、いい場を与えてもらったと思っています。お客様に名前を覚えていただき、わざわざ足を運んでくださることがうれしいです。おかげさまで昨年度は、優良窓口担当者として表彰していただき、頑張れば評価される職場環境にとてもやりがいを感じています。 大学時代に得た教訓は、「勇気をもって一歩踏み出す」。関東学院大学は、そんな勇気をサポートし、与えてくれたと思います。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.