横須賀市民病院 管理栄養科
山崎史織さん
人間環境学部健康栄養学科 2010年卒

ゼミで学んだことが、
管理栄養士の仕事にとても役立っています。


私は現在、自分が生まれ育った横須賀市にある横須賀市民病院で管理栄養士として勤務しています。主な仕事内容は、糖尿病や腎臓病などで食事療法が必要な患者さんへの栄養指導や、入院中の患者さんの食事管理です。

もともと管理栄養士を目指していて、資格取得のため、関東学院大学の人間環境学部健康栄養学科に入学しました。所属していた松崎教授のゼミでは、医療分野における管理栄養士としての知識を、現場目線でしっかりと学ぶことができ、今の仕事にとても役立っていますね。また、管理栄養士という同じ目標を持った仲間と、国家試験合格を目指して励まし合いながらゼミ室で一緒に勉強しました。ゼミの仲間12人全員が国家試験に合格できたことも、大きく成長できた点だと思います。

医療の現場では、医師や看護師、薬剤師、コメディカル、事務職員など、職種の異なる多くのスタッフと関わっていきます。そのため、ゼミで培った協調性や向上心は、現在の仕事をするうえで私の自信につながっています。また、ゼミのOB会もあって、学生時代の仲間とは卒業した今でも、ときどき情報交換をしているんですよ。

食事療法は、患者さん自身が実行しなければならないことが多いので、わかりやすく正確な情報を伝えるということについて試行錯誤をしている毎日ですが、患者さんから喜びや感謝の言葉をいただいたり、皆さんの表情が明るくなっていくのを見ると、この仕事へのやりがいと喜びをとても感じますね。

病気の治療中は、不安を抱える患者さんが多いと思いますが、そんななかでも食を通して、安心感や笑顔を与えられるような管理栄養士を目指したいと思います。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.