株式会社神奈川銀行上大岡支店 支店長代理
稲毛友宏さん
経済学部経済学科2006年卒

学生時代に学んだことを生かし、
銀行マンの仕事に励んでいます。


神奈川銀行は横浜市に本店がある地域密着型の銀行です。本店で窓口の預金業務や営業を経験したあと、支店で地元の企業に融資を行う仕事をしています。

学生時代の思い出は、ゼミです。経済学科の学生でしたが、経営学科のゼミに所属し、ビジョナリー・カンパニーの経営理念について学びました。ビジョナリー・カンパニーとは、理念を持って先進的な事業に取り組み、長期間、優良企業であり続ける会社のこと。ゼミで、一人ひとりが成功を続ける企業を選び、本やインターネットで経営理念を調べ、わかった事柄を発表しました。私は、実業家・松下幸之助が創業した家電メーカーを取り上げたのですが、経営学は経済学をより身近にした感じで面白かったです。就職は地元の銀行を志望しました。理由は、銀行員は資金運用の仕事を通して、企業の経営者と話をすることができ、スキルアップにつながると思ったから。地元にこだわったのは、神奈川県は居心地がよく、暮らすのに安心だからです。4年生のときには、銀行の仕事に役立つと考えて、ファイナンシャル・プランナーの資格も取得しました。

資金を融通するには、お客様から資産や事業計画などを教えてもらわなければなりません。そのために、まず私を信用していただく必要があります。時間のかかる仕事ですが、熱心に説明したかいがあって、お客様が融資を希望されるようになったときには、達成感があります。

当初は、銀行の仕事が全く分からなかったのに、気づけば、後輩を指導し支店の業績を上げることを考える立場になっています。金融の知識をさらに高め、融資を増やしていきたいと思っています。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.