相田一郎さん
工学部 社会環境システム学科 都市環境デザインコース 4年
神奈川県 横浜商科大学高等学校出身
東芝プラントシステム株式会社に就職内定

好きなこと、出来ることで、
誰かを励ますことは可能だと知りました。


とにかく、自分が小学校から続けてきたラグビーで社会に貢献する、という体験ができたことが、とてもうれしかったです。というのも、関東学院大学のラグビー部では2011年の夏からOBの呼びかけにより、総合建設会社安藤ハザマと協同で、東日本の被災地でボランティアを続けています。宮城県気仙沼市の小学校を訪ねて、タックルの代わりに腰につけた紐を取り合うタグラグビーの大会を開催するというものです。

気仙沼はもともとラグビーの盛んな地でもあり、いまや夏の行事として地元にすっかり定着しました。もともとは被災地の子どもたちの元気と活気を取り戻そうと始まった活動でしたが、実際に行ってみると、彼らの明るく活発な姿にこちらが逆に元気をもらう結果になりました。

後輩に伝えたいことは、4年間、とにかく夢中で続けられることを持つこと。有意義な大学生活を送ってください。

 

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.