12月14日(土)に、関東学院大学教育学部の土谷みち子教授のゼミナールの学生たちが、関東学院のびのびのば園で「ぶどうの木」の特別プログラムとして、クリスマスをテーマにした、歌やリズムあそびなどの手作りイベントを企画実施しました。

 「ぶどうの木」は関東学院のびのびのば園が、近隣の未就園児を持つご家庭の子育て支援プログラムとして、0歳児からの未就園児を対象に、毎月、専門スタッフが親子で参加できる多様なプログラムで展開しているイベントです。

 今回の「ぶどうの木」はクリスマス特別プログラムとして開催され、事前に100名以上の申込があり、盛大なイベントになりました。当日は土谷ゼミナールに所属する学生達がクリスマスをテーマとして、手話を使ってクリスマスソングを歌う企画や親子で踊れるダンスを実施しました。また、学生がサンタクロースに扮して登場し、子どもたちに手作りのクリスマスプレゼントが配られました。その他にも子供向けのボーリングや園庭での凧揚げやシャボン玉といった、子ども達の大好きな遊びに学生が一緒に参加して、園内は大盛り上がりとなりました。また保護者向けには、入園相談や土谷教授による子供の発達相談などが設けられました。

top

 のびのびのば園は、園庭で子どもたちが栽培した野菜を給食で使用するなど、子どもたちの食育にも力を入ており、日ごろから栄養面に配慮した食事が提供されています。この日のイベントでも、窯で煮込んだ手作りカレーライスが参加者に振る舞われ、ランチルームで野菜たっぷりのカレーライスを美味しそうに食べながら、大人も子どもも参加者同士の会話を楽しんでいました。

top

 イベントに参加した保護者は「このような未就園児向けのイベントの開催は、子どもが楽しんでいる姿を見られて大変嬉しいです。親としては子どもの成長や日々の接し方などを再認識できるので貴重な機会です。」と話してくれました。

 こども発達学科3年の上路利之さんは「今年は参加する子どもだけでなく保護者も楽しめるイベントを企画しました。歌やダンスなど親子で参加できるように工夫をしました。準備を進める中で不安もありましたが、当日は参加者の皆さんがクリスマスの雰囲気を楽しんでいる様子が見られたので良かったです。将来は教育現場で活躍することを目指しており、現場では教室の学びとは違った難しさを考えさせられますが、子どもたちが喜んでいる様子を見ると自然と嬉しくなります」と語ってくれました。

 土谷ゼミナールでは今後ものびのびのば園と協力した企画を実施していきます。

top

投稿日時:2019-12-19 8:40:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.