工学研究科建築学専攻博士前期課程1年 平野健太郎さん
神奈川県 関東学院六浦高等学校出身

建築学科にとって毎年3月の恒例行事といえば、1963年から続いている「建築展」です。40回目の2003年からは、新しく生まれ変わった横浜赤レンガ倉庫1号館を会場に、約1週間開催します。模型や図面などの作品から講演会、ワークショップなどの活動まで、学部生や院生、教員、卒業生が一心同体となって1年間の成果を発表。

学部生のときから実行委員として活動し、今回で4年目となる平野健太郎さんが今年のリーダー。60人の実行委員と6つの部署をまとめています。

「毎年、期待されているので、企画の内容を考え、ブラッシュアップしていく過程が大変ですね。スタッフのやる気を引き出して、ベクトルを同じ方向に向けるのが大事だと思っています」。

今回のテーマは「junction」。文系、理系が交わる場所として、大人も子どもも楽しめる場所として、たくさんの人に気軽に建築に触れられる機会を提供できるイベントを模索中です。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.