北原 武嗣

理工学部
理工学科土木学系
教授

基本情報

北原 武嗣

専門分野 構造工学、地震工学、維持管理工学
研究テーマ 社会基盤施設の災害予測と減災システム
最終学歴 京都大学大学院工学研究科修士課程 修了
名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程(社会人) 修了
学位 博士(工学)
研究キーワード 橋梁 防災 減災 耐震 社会インフラ
避難シミュレーション 津波

自然災害の被害をより小さくする方法を考える。

私の研究は、橋梁をメインに社会基盤となる土木構造物の耐震性の向上や、減災に向けた都市のあり方を研究しています。そもそも、橋というものは人と人をつなぐだけではなく、町と町、あるいは文化と文化の架け橋となるものです。そして、私が学生の頃、本州と四国をつなぐ瀬戸大橋が完成しました。長大橋の架橋において世界でもトップクラスである日本の橋梁技術に関わる一員でありたいという思いを持っています。

研究の方法は、橋梁の縮小模型を利用した実験を行うこともありますが、主にコンピュータでシミュレーションしながら、減災の方法を考えていきます。橋梁の耐震性能向上というハードを中心にしながら、道路や避難施設といった社会基盤ネットワークを考慮したソフト的な減災対策もシミュレーションにより検討していきます。

例えば、鎌倉市の材木座海岸付近をモデル化して、関東大震災のときのような海 溝型地震が発生したケースを想定し、地震の揺れや津波でどのような被害が想定されるか、どのような避難方法があるかをシミュレーションし、対象地域の被害が最低限に抑えられるような「減災」のあり方を検討していきます。私たちは、自然災害そのものを完全に防ぐことはできません。しかしながら、被害を最小限に食い止める「減災」を目指して、コンピュータシミュレーションを活用して検討しています。

主要業績

    (論文)
  • (共著)「鋼製ラーメン橋脚の耐震信頼性評価に用いる部分係数と再現期間に関する検討」土木学会論文集 F6(安全問題)特集号,Vol.67,No.2,2011年
  • (共著)「高低差を考慮した津波災害時の群衆避難における経路選択に関する一検討」土木学会論文集 A1(構造・地震工学)Vol.69,No.4(地震工学論文集,Vol.32),2013年
  • (共著)「自己組織化マップ(SOM)を用いたアーチ系橋梁の健全度診断に関する基礎的研究,鋼構造論文集,Vol.20,No.79,2013年
  • (共著)「長時間地震動が作用する鋼製橋脚の耐荷力低下に関する解析的検討」土木学会論文集 A1(構造・地震工学)Vol.71,No.4(地震工学論文集,Vol.34)2015年
  • (著書)
  • (共著)『土木学会鋼構造委員会 東日本大震災鋼構造物調査特別委員会:東日本大震災鋼構造物調査特別委員会報告書』(1.3「発生した地震,津波の概要」を執筆)2012年
  • (共著)『土木学会鋼構造委員会 鋼構造物の架設設計指針改定小委員会:架設設計指針』(2 章 荷重を分担執筆) 2012年

考える人は、新しいことに挑戦しようとする人。

学生には、土木工学というものに興味関心を持ってもらった上で、防災の重要性を考えてもらいたいと思っています。そのために、土木構造物を自分の目で見に行くように日頃から伝えています。橋やトンネル、道路や鉄道など、多くの土木構造物が私たちの生活の身近にあります。これらを見ることは「ここの構造はこんな風になっているのか!」と気づくと同時に「なんでこういう構造になっているのだろう?」と考えるきっかけにもなります。自分で前向きに考え、新しいことにチャレンジする学生とともに学んでいきたいです。新たな何かを考えることは、新しいことに挑戦しようとすることでもあります。考えて、挑戦しようとすることは、その人自身が成長しようとしていることでもあるのです。

関東学院大学で土木を学んだ人たちには、土木という仕事が非常に重要なものであるという認識を持ち続けて欲しいです。そして、人々の安心・安全で快適な社会生活を支えているという責任感を持った技術者であって欲しいと思っています。こうした認識や責任感を持っていることは、前向きに仕事をしていく原動力になるはずです。そして、将来的には、次の世代の技術者を育てて、技術を継承していける、そんな技術者になっていってくれればと願っています。

担当科目

  • フレッシャーズセミナ
  • フレッシャーズプロジェクト
  • インターンシップ
  • 卒業研究
  • 土木構造解析学
  • 卒業研究基礎
  • 振動工学
  • 構造工学入門
  • 都市防災実験
  • 土木工学基礎実験
  • 構造の力学
  • 【寄付講座】建設と社会
  • 耐震構造学特論
  • 構造設計学特論
  • 構造工学研究
  • 構造工学特殊研究
  • 耐震構造学特殊講義
  • 土木工学総論
  • 地震防災工学
  • 構造解析学
  • 理工学概論
  • 文献研究
  • 研究実験(研究演習実験)

土木に携わる人々と、協力し合いながら、安全・安心な社会をつくりたい。

私が研究している内容が、世の中に役立って欲しいと常に願いながら取り組んでいます。ただし、私一人でできることは、限りがあります。土木に携わる人たちが、手を組みながら問題を解決していく必要があるのです。そのため、私は土木学会や日本地震工学会などでの活動にも力を注いでいます。こうした学会には、委員会と呼ばれる専門的な分科会が設置されています。そこでは、大学の教員だけではなく、民間企業、国や地方自治体の技術職・研究職として勤務している方たちが一緒になって、新技術に関わる研究や新しい設計基準・耐震基準の策定などに取り組んでいます。こうした委員会では、参画する個々人は土木工学を支える一研究者、一技術者として、土木技術の進展,ひいては安心・安全で快適な社会作りに貢献しようと取り組んでいます。私も、その一員として、社会の基盤づくりに関わっています。

この分野では、今、自然現象による災害だけではなく、構造物の老朽化による事故に対しての対応も求められています。2012年には、中央道の笹子トンネルで大規模な崩壊事故が発生したことは記憶に新しいことではないでしょうか。高度経済成長期には多くの土木構造物が建設されました。国内の老朽化しつつある土木構造物への対策を、速やかに検討していくことも我々土木に携わる研究者・技術者の使命でもあるのです。

取材・原稿作成 関東学院大学広報室