佐野 慶一郎

人間共生学部
共生デザイン学科
教授

基本情報

佐野 慶一郎

専門分野 リサイクル工学、環境政策論、
バイオ・マテリアル工学
研究テーマ エコ・マテリアルのデザインと
ライフ・サイクル・アセスメントに関する研究
最終学歴 静岡大学大学院電子科学研究科博士課程 修了
学位 博士(工学)
研究キーワード 環境、リサイクル、エコロジー、
エコ・マテリアル、プラスチック

ものづくりと環境問題は表裏一体。

大学の頃からプラスチックの研究をしていたのですが、リサイクルについて特化して取り組んでいたわけではありませんでした。自動車メーカーに勤めていたときにリサイクル法などができ、ボートのリサイクルなどを担当するようになって、プラスチックのリサイクルについてのノウハウを身につけていったんです。その会社にいたときは、最初は利益や生産性を求めたものづくりに取り組んでいましたが、時代の流れもあり私の中に「ものづくりと環境問題は表裏一体である」という意識が芽生え始めました。それからですね、作るだけではなく、地球や環境、人のためにもっとするべきと考え始め、リサイクルに取り組みたいと思うようになったのは。中には、「そんな利益にならないことなんでするんだ!」という批判を受けたこともありますが、それでもやめようとは思わなかったですね。

研究に取り組む上では、人と人とのつながりを大事にしています。学会の専門委員会などでこの業界の先端をいっている国内外の企業人や国の研究員などと情報交換をして、常に新しい情報を得るように心がけています。そうした中で様々なつながりができ、企業から研究の依頼が来たりもします。人づてに企業を紹介されることもあります。研究室に閉じこもって勉強することもありますが、実際に行動を取ることで研究することが多いです。中には、プラスチックではないものの依頼もあります。そうしたときでもある程度の対処法は分かりますが、研究仲間に相談したり、やはり人と人のつながりを大事にしていますね。

環境問題に取り組んでいるので、最終的には日本だけではなく、特に環境が悪化している国の手助けをしたいと考えています。日本もまだまだ環境問題について取り組まなければいけないのですが、海外にはより環境問題について取り組まなければならない国がいくつもあります。例えば、そういう国で1%の環境改善ができれば、日本での1%より効果が大きく、世界に貢献できます。日本でリサイクルの技術を確立して海外でしてもらう。それが今の目標ですね。

主要業績

      (著書)
    • (共著)『プラスチックの再資源化の基礎と応用, 第5章7節 廃食用油を利用する廃FRPの熱分解技術』シーエムシー出版 2012年

      (論文)
    • (共著)「廃プラスチック分解油を用いるディーゼル発電機の高効率化および低エミッション化に関する実験的研究(水エマルション化による試み)」『日本マリンエンジニアリング学会誌』第50巻第1号 2015年
    • (共著)「Influence of Fuel Design based on the Cetane Number for Diesel Combustion(Influence of Ethanol Blending to Jatropha FAME)」『Proceedings of The 3rd International Conference on Design Engineering and Science, ICDES2014, Pilsen, Czech Republic』 2014年
    • (共著)「Thermal Decomposion of Polyurethane Foam in Vegetable Oil」『Proceedings of International Symposium on Materials Science & Surface Technology』 2013年
    • (単著)「Applications of Natural Materials in Automobile in Japan」『Proceedings of naro.tech, 9th International Symposium, Materials made of Renewable Resources, Messe Erfurt, Germany』 2012年
    • (単著)「Natural Fiber composite Parts in Japan」『Proceedings of Biobased materials,9th WPC, Natural Fibre and other innovative Composites Congress and Exhibition, Fellbach, Germany』 2012年

    (特許出願)
  • (発明者)「ナノオゾンバブル水処理による天然繊維材料のVOC臭気の低減方法」 2016年
  • (発明者)「ナノオゾンバブル水処理によるプラスチックの塗装性改善」 2016年
  • (発明者)「消臭用ドクダミ成分含有溶液、消臭用ドクダミ成分含有溶液の製造方法、繊維、繊維の消臭処理方法、及び複合材料」 2015年(特許第5555257号)
  • (発明者)「天然繊維含有プラスチック製造用複合材料及びその製造方法、並びに天然繊維含有プラスチック及びその製造方法」 2014年

伝えたいのは、方法論や自分で考える力です。

私の研究は理系のものですが、人間共生学部には文系の学生が入学してきます。その中で学生には、化学式や数式よりもさまざまなことに対する方法論や自分で考える力などを学んでほしいと思っています。例えば、住宅メーカーの営業職に就職した文系の人がいるとして、お客さんに「この部屋、建材から有害物質が出ていませんか?」と不安を告げられて、「そういうことは分かりません」と答えるわけにはいかないですよね。そういう分からないものに出くわしたときにどう対応したら良いのかとか、分からなくて諦めずに自分で考えることなどは、あらゆる場面で有効ですから。

学生には親しくする場合や距離を保つ場合など、メリハリをつけながら接しています。当たり前ですが、学生も人間でそれぞれ性格なども違いますから、接し方は相手によって考えて変えています。ただその中でも「相手にとってゼロ以上になるのであれば、アドバイスを伝える」ということは共通させています。それは積極的に行っています。思ったらすぐに学生に伝えたり、メールしたり。そうやって個人的に伝えることも重要ですね。全体に話しかけるよりもその人個人に話しかけると、学生も「自分のことを個人的に考えてくれているんだな」と感じるみたいで、信頼関係が築けますから。

学生たちには壁にぶつかったときには諦めずに、でも自分の弱さも認めて、周りの人に相談をして乗り越えられるような人になってほしいと思っています。そういうときに相談できるような人間関係を大学のときから築いていってほしいですね。そのためには「自分には改善できるところが常にある」と考え、仲間の意見を聞く傾聴力のある学生や受け入れる力を持ちながら学んでいってほしいです。

担当科目

  • 教養ゼミナール
  • 共生デザイン入門
  • エコロジカルデザイン
  • 環境プロダクト実験実習
  • ゼミナール
  • 卒業研究
  • 廃棄物とリサイクル
  • 生活環境と政策
  • エネルギーと環境
  • バイオマスとエネルギー
  • 環境システム化学特論

異なる意見の人たちとともに、より良いリサイクルの形を築いていきたい。

相談に来た企業の方の話は、まずは必ず親身になって聞くようにしています。その上で、できることとできないことをはっきり伝え、できることはなるべく引き受けるようにしています。現在具体的に取り組んでいるのは、いすゞ自動車とのトラック部品製造時のニ酸化炭素排出量の計算をする取り組み、国立国際医療センター病院との点滴包装ポリ袋を食器にリサイクルする取り組み、鳥浜工業団地企業との生ゴミにオゾン水を噴霧して消臭する取り組み、横浜刑務所との刑務所作業製品の大量生産から販売ルート、宣伝までを企画する取り組み、逗子市役所との公園のリニューアルする取り組みなど、さまざまな案件があります。今あげた5つは、学生と一緒に取り組んでいるものなのですが、横浜刑務所や逗子市役所との取り組みは、リサイクルや環境の問題から少し離れている案件だとも思います。そうした場合には、学生と一緒に学ぶような態度で取り組んだり、デザインができる人とも一緒になったりして取り組んでいます。

将来的には、石油を一滴も使わないような社会にできたらいいなと考えています。石油を燃やすから二酸化炭素が増えるし、プラスチックも石油から作られていてリサイクルが難しいので結局燃やされてしまう。それではどんどん環境が悪くなってしまう。だから、もっと自然エネルギーを活用したり、プラスチックは全て再利用でまかなったりするなどして、そういう社会を目指したいです。

「そんなのは無理だ」という人もいるし、「むしろリサイクルをしない方が環境に良い」という人もいます。リサイクルするにもエネルギーを使うので、リサイクルしない方が良いという意見には一理あると思います。そのため、いかに簡単にリサイクルできるかということを研究しています。だから、そちら側からの研究もやめてはいけないと思いますし、こちら側からの研究もやめてはいけないと思っています。

生きているうちに実現できるかは分かりませんが、石油を使わない社会を作り上げる一端でも担えればと研究に取り組んでいます。

プラスチックから作った食器
 【プラスチックの廃材から作った食器】

取材・原稿作成 関東学院大学広報課