近・現代日本哲学思想史-明治以来、日本人は何をどのように考えて来たか-

濱田 恂子 著(関東学院大学名誉教授)

A5判・376頁・本体価格:3,800円

濱田 恂子 著 2006年02月 発行

明治以来、近代化を進めて来た日本人は、精神的にはどのような歩みを示したのか?
今後の行方を模索するために、私たち日本人の思索の動向をその紆余曲折とともに、開示する。

  •  序章 哲学思想史記述の可能性
  •  第Ⅰ部 明治・大正・昭和前半
  •   第1章 第一期・解放と啓蒙
  •   第2章 第二期・近代日本哲学の諸様相
  •  第Ⅱ部 第二次世界大戦敗戦以後
  •   第3章 第一世代・対決と解放
  •   第4章 第二世代・理性から感性へ
  •   終章 現在の諸状況

発行所:関東学院大学出版会 / 発売:丸善株式会社 / 2006年02月 発行