グローバリゼーションと地域社会変動

岩城 完之 著(関東学院大学文学部教授)

A5判・236頁・本体価格:2400円

岩城 完之 著 2005年02月 発行

住民にとって、さまざまな問題をもたらしてきた地域社会の変化を、グローバリゼーションとの関連で解く。大都市圏の形成と都市間格差、住民組織と住民自治の問題に迫る。

  • 第Ⅰ部 グローバリゼーションと社会変動
  •   第1章 情報化・グローバリゼーションと現代社会の構造変容
  •   第2章 グローバリゼーションの現実と論理
  •   第3章 グローバリゼーションと地域社会の再編
  •   補論1 M.カステルにみる都市社会の論理
  • 第Ⅱ部 グローバリゼーションに伴う大都市圏の問題
  •   第1章 都市変動分析の視座をめぐる問題
  •   第2章 グローバリゼーションと大都市圏
  •   第3章 東京大都市圏内諸都市の変動と自立
  •   第4章 巨大都市における住民組織と住民自治
  •   補論2 平和運動研究の問題とグローバリゼーション

発行所:関東学院大学出版会 / 発売:丸善株式会社 / 2005年02月 発行