人間と倫理

濱田 恂子(関東学院大学名誉教授) / 帆苅 猛(関東学院大学人間環境学部教授)
/ 杉田 正樹(関東学院大学人間環境学部教授) 共著

A5変形・242頁・本体価格:2.400円

濱田 恂子/帆苅 猛/杉田 正樹 共著 2003年04月 発行

世界は底が抜けたのか。何があってもおかしくない現代社会のなかで、倫理学には何ができるのか。本書は、倫理学、宗教学、哲学の立場から、この問題に正面から立ち向かった。

  • はじめに-なぜ人間には倫理が必要なのか?
  • 第Ⅰ部 倫理の基本問題
  •   第1章 望ましさの実現としての行為
  •   第2章 行為の自己規制と相互規制
  •   第3章 行為の主体
  •   第4章 行為の場面
  • 第Ⅱ部 宗教と倫理-キリスト教倫理を中心に
  •   第1章 宗教と倫理
  •   第2章 キリスト教と環境問題
  •   第3章 キリスト教における生
  •   第4章 キリスト教における愛
  • 第Ⅲ部 現代の倫理問題-応用倫理とは何か
  •   第1章 生命倫理
  •   第2章 環境倫理
  •   第3章 企業倫理(ビジネス・エシックス)
  •   第4章 情報倫理

発行所:関東学院大学出版会 / 発売:丸善株式会社 / 2003年04月 発行