図書館司書課程

一般企業も注目する情報の処理能力と管理能力

生涯学習のニーズが高まり、図書館の社会的役割がますます大きくなりつつあります。図書館司書の仕事は、図書の保存や整理、閲覧事務が中心ですが、さまざまな情報を処理する管理能力も必要になります。そのことから、情報の迅速かつ的確な処理能力と管理能力を必要とする会社や銀行などからも、この資格への注目が集まっています。司書課程は、こうした社会的要請に応えて開講されているものです。この課程を修了した学生には、卒業と同時に司書資格が与えられます。

図書館司書課程に関する専門科目

必修 生涯学習概論 図書館概論 図書館経営論 図書館サービス論 情報サービス概説 レファレンスサービス演習 情報検索演習 図書館資料論 文献情報検索法 資料組織概説 児童サービス論
選択 図書及び図書館史 コミュニケーション論 情報機器論 図書館特論