認定心理士について

指定された科目を修得することによって、認定心理士の資格が得られます。授業科目配当表に該当科目及び条件を示していますので、それに従って科目を修得してください。

認定心理士の正式名称は「社団法人日本心理学会認定心理士」(英文名:JPA Certified Psychologist)といい、日本心理学会が"心理学に関する標準的な基礎知識と基礎技術とを正規の課程において習得している"者ということを正式に認めている資格です。しかし、法律で認めている資格ではありませんから医師や教員、栄養士のように一定の業務を独占的に遂行することを保証する資格ではありません。

ただ、日本心理学会が正式に認めているという意味においてこの資格は、心理学の専門家としての業務に携わりたいと考えている人や携わっている人に対して意味をもつことになります。

心理学における資格としては、特殊な経験や訓練を必要とする高度な専門資格があります。今後、心理学関係の資格について相互の関連性が心理学関係学会全体で調整され、体系化されると、認定心理士は、これら高度な専門資格の基礎資格としての役割を担うことになります。