地域創生実践シンポジウム2021「脱炭素社会と地域創生」

#地域創生実践研究所 #カーボンニュートラル

関東学院大学地域創生実践研究所は、10/30(土)にシンポジウムを開催します。金沢八景キャンパスにおける対面形式またはオンラインでのご参加をお選びいただけます。

テーマは「脱炭素社会と地域創生」。温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を2050年までに達成する宣言が出されて以降、横浜市など脱炭素社会に向けて取り組みをしている自治体が出始めています。また、国の政策として、令和3年5月に2050年までの脱炭素社会の実現を基本理念とした「改正地球温暖化対策推進法」が成立しました。

脱炭素社会はこれからの地域創生にとって避けられない重要なテーマになりつつあります。今後どのように取り組めばいいのか、一緒に考えていきましょう。

第5回 地域創生実践シンポジウム2021
「脱炭素社会と地域創生」

日時 2021年10月30日(土)
13:00~16:00
会 場 【対面】定員:100名
関東学院大学 金沢八景キャンパス 3号館2階 201教室
【オンライン】定員:300名
開催日前日までに、URLをメールでお送りいたします。
申込方法 対面、オンラインともに、下記の申し込みフォームよりお申し込みください。
申込締切 10/28(木)17:00
プログラム 第一部:基調講演
第二部:パネルディスカッション「神奈川における脱炭素社会」
主催 関東学院大学 地域創生実践研究所

基調講演 講演者

PROFILE

  • hiroishitakuji
    広石 拓司 氏
    エンパブリック代表取締役

    【講演テーマ】
    脱炭素を地域の価値につなげるには?

PROFILE

  • ninomiyasakiko
    二宮 咲子 氏
    関東学院大学 人間共生学部 准教授

    【講演テーマ】
    何のための脱炭素社会か?
    ―ソーシャルデザインの観点から―

ニュースについての
お問い合わせ

関東学院大学 地域創生実践研究所事務局
住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
E-mail:chiiki@kanto-gakuin.ac.jp