大学院 経済学研究科

経済学研究科博士前期課程は、学術研究の基礎訓練とともに専門性が求められる職業人の養成を目的としています。 博士後期課程は、経済・経営学の専攻分野での自立した研究者を養成するとともに、高度に専門的な業務に必要な高い研究能力と豊かな学識を有する人材養成を目的としています。また博士前期課程、博士後期課程を通じて、社会の生涯教育の要請に応えます。

 

学位の授与

修士の学位

経済学研究科博士前期課程に2年以上在学し、所定の単位を修得し、修士学位論文の審査および最終試験に合格した者に授与します。

  • 経済学専攻 修士(経済学)
  • 経営学専攻 修士(経営学)

博士の学位

経済学研究科博士後期課程に3年以上在学し、所定の単位を修得し、博士学位論文の審査および最終試験に合格した者に授与します。

  • 経済学専攻 博士(経済学)
  • 経営学専攻 博士(経営学)
 

研究科委員長メッセージ


大学院経済学研究科委員長
教授 四宮 正親

経済学研究科は、経済学専攻と経営学専攻とから成っていますが、共に、経済のグローバル化・情報化の進展に対応して、学術研究を担う研究者の育成や、高度な専門的能力を有する職業人の養成を目指しています。また、社会の急激な変化の中で重要になってきている「社会人のリカレント教育」や、外国人留学生の教育にも力を注いでいます。

そのために、カリキュラム(教育課程)も、大学院生の多様化を配慮して、経済学・経営学の専門科目は、基礎的なものから高度なものまでを系統的に配置し、また、専門的職業に必要なものも充実させています。それだけでなく、広い視野から学際的に研究できるように、関連分野の科目も多く配置していることも特徴となっています。そして、社会人のためには、現職を離れずに学べるように、夜間時間帯と土曜日の開講科目も整備しています。

本研究科は、少人数ですので、各大学院生に合ったきめの細かい研究指導がなされています。また、研究成果の社会還元や実践教育のために社会連携研究プロジェクトに大学院生の参加を促しています。

修了者は、大学などの研究・教育機関や、税理士・会計士や企業家・経営コンサルタントなどの各分野で活躍しています。外国人留学生では、母国の大学の教員として活躍している場合もあります。

「新しい自分を創りだそう」という意欲あふれる学生諸君の入学を期待しています。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.