大学院 文学研究科

時代とともに大学院に求められる役割も変化し、現在の大学院は基礎的研究をはじめとした学術研究を推進するとともに、研究者および高度の専門能力を有する人材の養成という役割も担っています。特に、学部卒業生のみならず、いったん社会に出た後も常に新しい知識を獲得し能力を磨いていく社会人のリフレッシュ教育の必要性も高まっています。

文学研究科では、土曜開講を含む昼夜開講制を導入し、社会人の場合でも現職を離れずに講義が受けられるようカリキュラム編成や研究指導面について組織的・体系的な整備を図り、現在求められている大学院の役割に積極的に応えています。

 

学位の授与

修士の学位

文学研究科博士前期課程に2年以上在学し、所定の単位を修得し、必要な研究指導を受け、修士学位論文の審査および最終試験に合格した者に修士の学位を授与します。

  • 英語英米文学専攻 修士(文学)
  • 比較日本文化専攻 修士(文学)
  • 社会学専攻 修士(社会学)

博士の学位

文学研究科博士後期課程に3年以上在学し、所定の単位を修得し、必要な研究指導を受け、博士学位論文の審査および最終試験に合格した者に博士の学位を授与します。

  • 英語英米文学専攻 博士(文学)
  • 比較日本文化専攻 博士(文学)
  • 社会学専攻 博士(社会学)
 

研究科委員長メッセージ


大学院文学研究科委員長
教授 富岡 幸一郎

文学研究科は、大学を卒業し学んだことをさらに専門的に研究し、広く社会や教育の現場で活躍する人材を養成する高度な研究教育の場です。また研究者や大学教員を養成するだけでなく、各専門分野における職業人の育成にも力を注ぎ、学部学生だけでなく社会人にとっても新たな可能性を提供しています。

本研究科の歴史は、1993年に英語英米文学専攻をもって創設され、1995年に社会学専攻、さらに2006年に比較日本文化専攻が発足し、この20数年の間に各専攻とも博士前期(修士)課程および博士後期課程の体制を整備し、これまで各課程において博士の学位が授与されています。平日の夜間(午後6時以降)や土曜日にも講義と演習が用意され、現職を有する社会人、すなわち中・高等学校の教員の方々や、看護や社会福祉の仕事に携わる現場職員の方々にも、大きく門を開いています。また東アジア諸国からの留学生たちも在籍し、グローバルな研究環境を実現しています。社会人のために、本来の修業年限より長い期間で履修できる長期履修制度や、各種奨学金も設けています。

教員スタッフは各専門分野で優れた業績によって世に広く知られている教員も多く、院生室などの学びの環境も充実しています。多くの皆さんと本研究科での成果を共有していきたいと願っています。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.