大学院 看護学研究科(2017年4月開設)

急速な高齢化の進展、慢性疾患の増加などによる疾病構造の変化、医療の高度化、保健サービスに対する国民のニーズの高度化・多様化により、保健・医療・福祉を取り巻く状況は著しく変化し、看護職に求められる役割も大きく変化しつつあります。社会変化を捉え、広く地域社会のニーズに対応できる、より高度な専門職業人を養成することなどを目的として、関東学院大学では2017年4月より、看護学研究科修士課程を開設します。研究分野として、3分野5領域(看護管理学分野:看護管理学領域 生活支援看護学分野:母子看護学領域、高齢者・在宅看護学領域 療養支援看護学分野:クリティカル看護学領域、慢性看護学領域)を設置。高度な先行研究をベースに、学生と教員との間のディスカッションを通じて、学術的に臨床現場に資する価値を探求していきます。
また、働きながら学びを深めようとする人のために「昼夜開講制」「長期履修制度」などの制度を設け、学修意欲の高い現役看護職の学びを支援していきます。

 

学位の授与

修士の学位

看護学研究科修士課程看護学専攻に2年以上在学し、31単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で 修士論文の審査、及び最終試験に合格した者に授与します。

  • 看護学専攻 修士(看護学)

 
 

研究科委員長メッセージ


大学院看護学研究科委員長(就任予定)
教授 金井 Pak 雅子

看護は、実践の科学です。その実践知をエビデンスとして確立し、専門職としての知識母体の発展に寄与することで、学問としての確立、ひいてはあらゆる健康レベルとライフステージにおける人々の健康の保持増進、出生、疾病の予防・回復、穏やかな終末に伴う支援に貢献します。関東学院大学は、校訓「人になれ 奉仕せよ」のもと、長年にわたり学修意欲の高い看護職に門戸を開いてきました。その歴史は、既設の経済学部並びに大学院経済学研究科において働きながら学位取得をめざす看護職を多数支援してきた経緯があります。この伝統を受け継いで、看護学研究科は、働きながら学びを深めようとする人のために、「昼夜開講制」「長期履修制度」などの制度を設けます。
疾病構造の変化、人々の価値観の多様性などにより、今、看護職に求められている役割は多岐に渡り、更なる進化を遂げます。看護学や看護実践に強い関心、問題意識を持っている方、専門職としての経験を学術的に見直し現場に資する価値を探究したい方、教員一同そのような方々と一緒にディスカッションしたり、研究の支援をすることを楽しみにしています。本学大学院看護学研究科では、看護の発展に貢献する研究を通して看護専門職として更なるキャリア開発の基盤を築き、高度な看護実践により人々の健康生活に貢献しうる人材育成をめざします。先入観や既成概念にとらわれず、新たなチャレンジを進めていきましょう。

 

教員紹介

看護学専攻

看護管理学領域
氏名 研究テーマ
金井Pak 雅子 看護職の労働環境とリーダーシップ
ワークエンパワーメント
平田 明美 良い病棟風土を規定する要因とその形成過程
看護管理者育成のあり方と役割認識がスタッフに及ぼす影響

母子看護学領域

氏名 研究テーマ
坂梨 薫 周産期医療に関すること
子育て支援に関すること
永田 真弓 慢性疾患を持つ子どもの社会生活力獲得への支援に関する研究
NICUからの在宅移行・地域における医療・福祉・教育支援に関する研究

高齢者・在宅看護学領域

氏名 研究テーマ
深谷 安子 施設および在宅高齢者のコミュニケ-ションに関する研究
施設および在宅高齢者のADLに関する研究
青木 由美恵 認知症高齢者と家族および介護者がよりよく生きるための支援に関する研究
リフレクションに関する研究

クリティカル看護学領域

氏名 研究テーマ
高島 尚美

急性・重症患者のコンフォートケアとQOL

ICU入室患者のEnd of Life Care
木下 里美

集中治療や救命救急医療をうける人と家族への緩和ケアと終末期ケアに関する研究

急性期における看護師の臨床判断とチーム連携に関する研究

慢性看護学領域

氏名 研究テーマ
矢田 眞美子

慢性疾患患者の療養支援

外来がん化学療法患者と家族の療養支援
若林 律子

慢性閉塞性肺疾患患者のセルフマネジメント教育・ケア

慢性疾患患者のケア
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.