国際文化学部 比較文化学科

学科の特徴

自分の生まれ育った国に十分な理解と誇りを持ち、異国の文化、歴史、思想に関心を寄せ、"共生"について考え、"異文化理解"を深めていく、これが比較文化学科の目的です。日本の文化や歴史に根ざしながら、各人の関心に応じて、アジア、欧米の文化にも目を広げ、日本との交流の歴史や、相互の関係を比較する方法を学びます。

学びのステップ

 

教員紹介

氏名 研究テーマ
相原 健志 サッカー
学習・実践・情動の社会性
文化人類学の学説研究
伊藤 健人 地域日本語教育
年少者日本語教育
日本語文法
伊東 光浩 和漢比較語義研究
日本語の文法・語誌についての理論的並びに歴史的研究
井上 和人 日本近世文学、とくに西鶴および西鶴以後の浮世草子
碓井 みちこ アルフッド・ヒッチコック研究
アメリカ映画・日本映画における音と映像の表現についての研究
大内 憲昭 朝鮮民主主義人民共和国の法制度
南北朝鮮の経済協力と法
菅野 恵美 中国古代の地域社会と墓葬装飾
君塚 直隆 立憲君主制下のイギリスにおける政治と外交のあり方
18~20世紀のイギリスを中心とした国際政治史
小滝 陽 20世紀アメリカ合衆国の福祉・社会保障
福祉思想の国際連環
佐藤 茂樹 伝承文芸の社会史
児童書の社会史
高井 啓介 旧約聖書の思想
キリスト教史におけるダイモーンの問題
鄧 捷 中国近現代詩、聞一多、格律詩、新月派、穆木天、魯迅「野草」
富岡 幸一郎 内村鑑三、カールバルト
西尾 知己 日本の中世後期における顕密寺院の研究
八幡 恵一 モーリス・メルロ=ポンティの思想研究、現象学の研究
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.