経済学部 経済学科

学科の特徴

私たちが住んでいるこの社会は、市場経済社会または資本主義社会と呼ばれています。経済学は、この市場経済社会のしくみを解き明かし、さらにこの社会にどのような問題があるのか、そしてそれを解決するにはどうすればよいのか、を分析する学問といえるでしょう。



学びのステップ

 

教員紹介

氏名 研究テーマ
青柳 健隆 青少年のスポーツ環境整備
運動部活動
指導者養成
石井 穣 古典派経済学
マルクスの賃金論
機械論
資本蓄積論
石坂 貴美 開発経済学
国際協力
地域研究(南アジア)
伊藤 明己 メディアとコミュニケーションの思想史
大住 莊四郎 パブリック・マネジメント理論研究
ポストモダンの組織、地域研究
都市公共サービス勘定の開発
ソーシャル・アントレプレナー研究
上代 雄介 協力ゲーム理論
情報が非対称な場合の協力ゲーム
鴨野 洋一郎 地中海商業史
中近世イタリア経済史
吟谷 泰裕 過少雇用経済の分析
黒川 洋行 欧州通貨統合の金融・資本市場への影響
欧州中央銀行の金融政策
齋藤 仁 土砂災害の発生と降水量、地形、地質との関係
神野 真敏 移民受け入れの純便益分析
田中 聡一郎 税・社会保障
格差・貧困
田中 史生 古代交流史論
中泉 拓也 契約理論
情報経済論
産業組織論
政策評価
海運経済
流動性の経済分析
名武 なつ紀 近現代の日本における都市経済の史的分析
新岡 智 グローバリゼーション
野口 雄一 経済理論
ゲーム理論
野中 康生 カオス経済動学
情報経済
環境経済学
橋本 健広 英語教育(CALL)と英文学
林 博史 戦争論(戦争責任、アジア太平洋戦争)
戦後日本とアジア
平和学
原田 祐貨 英語教育と文学
平野 敏弘 空間統計解析における推定および予測
漸近論
大規模データ空間の効率的計算方法に関する研究
布能 英一郎 Missing,Censored,Poolingを伴うサンプリングの下での統計解析
許容的推定量の証明方法の研究
完備性定理を用いた非許容性証明方法の研究
Katzの推定量に関する研究
Worcester's log-linear modelに関する研究
Bradley-Terryモデルを用いた離散データ解析
Kullback-Leibler情報量、 Fisher情報量に関する研究
細谷 早里 多文化教育
異文化間教育
教員養成
細矢 祐誉 消費者理論
積分可能性理論
一般均衡理論
動学的一般均衡理論
ゲームの理論
宮本 守 医療保険制度についての経済分析
医療サービス市場における経済学的分析
介護サービス市場の経済分析
望月 正光 公債負担問題
公的部門のストック分析
所得課税ベース研究
サード・セクター研究
谷野 勝明 『資本論』研究
山下 里香 多言語使用
言語と社会
山本 勝造 国際貿易論
ゲーム理論
国際政治経済学
吉田 千鶴 結婚・出産行動と労働供給
世帯内の資源配分について
渡邉 憲正 イデオロギー論
社会科学論
共同体/共同社会論
大野 功一 会計制度と監査制度の相互作用
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.