建築・環境学部 建築・環境学科

学科の特徴

本当に豊かな社会とは何でしょうか。これまでのように、古くなったものを壊して新しいものを次々とつくることが、必ずしも人間の幸せに結びつかないことがわかってきました。経済中心の豊かさから、人間中心の豊かさへ。建築の世界でも、環境との共生や生活の質の向上という視点がますます求められています。そのために必要なのが、今あるものを活かしていくということ。

建築・環境学科は未来へとずっと続くような「まち」「住まい」「暮らし」を想像できる人を育てる場です。都市・建築・住まい・環境などを多角的に学び、文系・理系の枠を超えて、現代社会が抱える課題の解決に取り組む建築家やデザイナー、エンジニアを目指します。高校時代に文系であった学生も大いに歓迎します。理系の素養だけではなく、文系の素養も建築・環境学科には必要だからです。

建築・環境学科は、従来の建築学が進化した、より現代に即し、より広範な新しい学問、「建築・環境学」を学ぶ場です。それは環境の創造に関わる様々な専門領域についての教育と研究により、多角的に挑戦していく学科です。

 

デザイン/エンジニアリング × 建築/環境

建築・環境学部には5つのコースがあります。これは、建築・環境学というものを「デザイン/エンジニアリング」と「建築/環境」という2つの軸で捉えた時の5つの側面から生まれました。それゆえ、各コースでは共通して「建築・環境学」を学ぶのであり、この学部はただ1つの学科、「建築・環境学科」からなります。

 

学びのステップ

 

教員紹介

建築・環境学部共通科目

氏名 研究テーマ
奥 聡一郎 コーパスを用いたテクスト分析・文体論
コンピュータを活用した英語教育
中和 渚 算数・数学教育
国際開発教育
林 裕 英語教育、英語語法・文法研究
リサ G.ボンド 日本の宗教・思想史。特に浄土真宗の思想史
英語の教材の研究と作成
 

建築・環境学科

氏名 研究テーマ
李 祥準 民間及び公共の施設マネジメント効率化に関する研究
遠藤 智行 自然換気・通風の有効利用および室内温熱環境の改善手法
高効率換気システムの開発とその評価法
大塚 雅之 建物の水まわり・給排水衛生設備の研究
住宅の水まわり設備のリニューアルの研究
粕谷 淳司 住居系を中心とする建築・建築群および外部空間のデザインに関する研究
神戸 渡 木質材料の構造性能、木質構造の接合部の構造性能、ハイブリッド構造の開発
黒田 泰介 歴史的都市と建築の保存・再生・利活用計画
建築類型学による都市組織の分析
古賀 紀江 環境行動の視点からの高齢期生活支援の研究場所記憶に関する研究
関 和明 古代エジプトの建築・都市・庭園の歴史
近代建築におけるモダニズム
歴史的建造物と景観の保全活用
高島 英幸 スペースフレーム、歴史的建築物の構造モデル化と解析
人工生命を模したアルゴリズムを用いた構造物の最適化
髙橋 健彦 建築物の雷保護に関する研究
建築物の接地システム構築に関する研究
中島 正夫 建築病理学の体系化
木造建築物の長寿命化
中津 秀之 ランドスケープ・デザインに関する研究
こどもの遊びに関する研究
柳澤 潤 公共建築のデザインおよび企画・運営に関する研究
山口 温 建物の温熱環境、光環境の研究
学校建築の標準システムに組込む環境性能の研究
渡部 洋 コンクリートを用いた建築物の耐震性向上
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.