大学院 工学研究科

工学研究科は、キリスト教に基づく精神教育と実験・演習・設計などの実践教育を柱として、質の高い少人数教育を行っています。 関東学院大学は京浜工業地帯と隣接しており、この地域特性を活かして企業や行政機関との共同研究を積極的に進められるという恵まれた研究環境の中で、学部からの進学者および社会人、そして日本の高度な技術を習得するための留学生が研鑽を積んでいます。 また、諸外国の大学や研究機関との学術交流も意欲的に行われ、大学院生たちは海外のすぐれた研究者に混じって積極的に経験を積んでいます。 工学研究科は、大学・公的機関・企業などそれぞれの重要な立場で、学んだ知識や習得した技術をもとに、革新的な活動によって社会の要請に応え、社会で即戦力となる人材を育成します。

 

学位の授与

修士の学位

工学研究科博士前期課程に2年以上在学し、30単位以上を修得する必要があります。各専攻における専修科目を選択し、それぞれの研究指導教授の指導を受け、上記単位数を修得し、修士学位論文を提出してその審査および最終試験に合格した者に授与します。

  • 機械工学専攻 修士(工学)
  • 電気工学専攻 修士(工学)
  • 情報学専攻 修士(工学)
  • 建築学専攻 修士(工学)
  • 土木工学専攻 修士(工学)
  • 物質生命科学専攻 修士(工学)

博士の学位

工学研究科博士後期課程に原則として3年以上在学し、8単位以上(博士前期課程で修得した単位数を含めて38単位以上)を修得する必要があります。各専攻における専修科目を選択し、それぞれの研究指導教授の指導を受け、上記単位数を修得し、博士学位論文を提出してその審査および最終試験に合格した者に授与します。

  • 総合工学専攻 博士(工学)
  • 建築学専攻 博士(工学)
 

研究科委員長メッセージ


大学院工学研究科委員長
教授 岡本 教佳

現在、すでに世の中にある学問を学ぶことも必要ですが、それだけでは将来の技術立国日本を支えていくことはできません。理工学部、建築・環境学部で学んだ学生は、学んできた知識をベースにして新しい世の中のためになる技術を見つけていかなければなりません。その能力を培うのが大学院です。

また、それだけでなくキリスト教に基づく教育を通じて、人と社会への思いやりのこころが身についた先端技術者や研究者を育てます。

一方、留学生や社会人も広く受け入れ、学内からの学生との交流により、お互いに切磋琢磨することで様々な経験し、特色ある研究者が育つことを期待しています。

 
LINEで送る

 


 








Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.