法学部 法学科

学科の特徴

法学とは、法の本質や役割、法律の意味や内容など法を対象とするさまざまの学問を総称するものです。したがって法学の中には法解釈学や法政策学も含まれます。法律学という言葉は、法学と同じ意味で用いられる場合もありますが、狭い意味では法律の解釈や運用を学ぶ学問を指します。法学部法学科では、現代社会の様々な問題解決のために、今後の制度や法律のあり方を学修していきます。
 

学びのステップ

 

教員紹介

氏名 研究テーマ
大鐘 敦子 Gustave Flaubert研究およびサロメ比較文学研究
川島 健治 捜査の違法性の判断基準
違法収集証拠排除法則
串田 美保子 TESOL(第二言語習得)理論に基づく英語語彙習得の研究
リンガフランカとしての英語(EFL:English as a Lingua Franca)の有効活用可能性の研究
小林 孝一 民事紛争解決制度の相互連携と調整
企業・社会における大事故・不祥事の予防と対処
鈴木 みゆき 青年期の時間的展望:将来をどのように考え、そのために何をするか?
鈴木 恵 契約法
消費者取引
髙瀬 幹雄 ヨーロッパ連合の政治
グローバリゼーションの国際政治
田口 幹比古 トマス・ハーディ(1840-1928)の小説
土浪 博 ヨーロッパ中世における秩序観(紛争とその解決)
鳥澤 円 自生的秩序と法
リバタリアニズム・古典的自由主義
中江 博行 組織再編税制の諸問題
租税回避行為の否認理論
藤田 潤一郎 ヨーロッパ精神史における共同性の意義
本田 耕一 仮処分命令制度の研究
フランス民事訴訟法の研究
本田 直志 WTOと競争政策
WTOと農業貿易
松谷 秀祐 第三者のためにする損害保険契約
損害保険契約の担保的機能
松原 哲 フランス及び我が国の民事責任論
三原 園子 会社法を中心とする日本と欧米の企業統治に関する研究
宮本 弘典 刑法システムの正統化戦略の位相
刑法の正義と公共性というイデオロギーの史的検証
武藤 達夫 人権条約の国内実施
国際法と国内法の関係
村上 裕 神聖ローマ帝国における最高裁判権の研究
図像解釈学による法史研究
山下 幸司 イギリスにおける個別労働紛争処理
イギリスの雇用契約および労働協約の法理論
吉田 仁美 アファーマティブ・アクションと平等保護
執行権
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.