理工学部理工学科 土木・都市防災コース

コースの特徴

「自然災害から大切な人、大切なもの、日々の暮らしを守りたい。」 安全で安心な社会を実現し、未来を支える技術を身につけるコースです。国土、都市、地域を「防災」や「環境」という視点から見つめなおし、社会基盤を計画、設計、構築する技術を学びます。これからのまちづくりを行うコースです。


 

学びのステップ

 

教員紹介

氏名 研究テーマ
出雲 淳一 コンクリート構造物の維持管理
コンクリート構造物の補修・補強
規矩 大義 地震時における地盤の液状化に関する研究
地盤と土構造物に関する災害予測と対策技術
北原 武嗣 土木構造物の耐震・免震・制震システム
社会基盤施設の災害予測と減災システム
中藤 誠二 風洞実験による構造物の耐風性能の向上
ビル風や空力騒音などの都市の風環境問題
福谷 陽 津波・高潮・豪雨災害リスクの不確実性に関する研究
マクロおよびミクロの視点での災害リスク評価
前田 直樹 地震・間欠泉などの現象の解明
地表付近における地震動の性質について
若松 加寿江 都市防災・地域防災に関する研究
自然災害の危険度評価に関する研究
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.