理工学部ロゴ 理工学部 理工学科 応用化学コース

コースの特徴

新しい時代の「ものづくり」に寄与する化学基礎力と社会人力を養成

応用化学コースでは、化学系および関連する製造業やプラント建設業等において、よりよい技術力を提供し社会に貢献できるよう、「化学基礎力」と「社会人力」、2つの力を身につけることに重点を置いています。「化学基礎力」では、無機化学、有機化学、物理化学、分析化学、化学工学の5つ分野の基礎力を、「社会人力」では、技術者倫理、グループで研究を行う際の問題解決力、特許についての知識などを身につけます。関東学院大学には世界初、プラスチックめっき技術を実用化した実績があります。2つの力で新しい時代の「ものづくり」に夢を持てる人材を育成します。

応用化学コース オリジナルサイトへ

STUDY KEYWORD

  • 表面技術
  • エネルギー貯蔵と環境分析
  • 無機材料化学
  • 教員養成

学科紹介動画

学部紹介

学部紹介動画はこちら

理工学部 理工学科 応用化学コース 准教授
友野 和哲

 

CHAPTER

  • 理工学部とは
  • アドミッションポリシー
  • 理工学部の目指す教育
  • コース紹介
  • 教員紹介
  • 研究所紹介
  • 学ぶことの意義

模擬講義

知って欲しい!海のごみ問題 〜”マイクロプラスチック汚染 "の現状〜

理工学部 理工学科 応用化学コース 教授
香西 博明

模擬講義

化学の力でガラスを鏡にしてみよう!! 電子デバイスに必要不可欠なめっき技術!!

理工学部 理工学科 応用化学コース 教授
小岩 一郎

教員紹介

教員 研究テーマ 業績など
鎌田 素之
Motoyuki Kamata

水道水の安全に関する研究
身近な化学物質のリスク管理に関する研究

小岩 一郎
Ichiro Koiwa

スマートフォンに代表される高密度実装技術
新規薄膜材料の開発やその薄膜の解析

香西 博明
Hiroaki Kouzai

自然環境にやさしい環境応答性高分子の創製
次世代光応答性共役ポリマーの開発と実用化

友野 和哲
Kazuaki Tomono

キャパシタ
リチウム電池
廃棄物シリコンの有価物利用

中山 良一
Ryoichi Nakayama

酵素を用いた脂質の改質・バイオ燃料の製造
生体高分子を用いた分離膜の開発

濵上 寿一
Junichi Hamagami

環境低負荷型なプロセスを用いた機能性無機材料の作製と評価

松井 和則
Kazunori Matsui

光機能材料の研究・・・光を使った新素材開発へ

山平 多惠子
Taeko Yamahira

ペプチド化学を基盤とした創薬研究