理工学部理工学科 応用化学コース

コースの特徴

「モノ」を変化させる技術、化学。新しい特性をもった素材の開発、従来からある機能の高度化、環境保護に貢献できるリサイクルの実現化といった化学的発想力を身につけるため、実験・実習を重視したカリキュラムを設置。今後の産業界を支えていく実践的な知識と技術の修得をめざします。


学びのステップ

 

教員紹介

氏名 研究テーマ
鎌田 素之 水の安全に関する研究
身近な化学物質のリスク管理に関する研究
小岩 一郎 携帯電話に代表される高密度実装技術
新規薄膜材料の開発やその薄膜の解析
香西 博明 自然環境にやさしい環境応答性高分子の創製
次世代光応答性共役ポリマーの開発と実用化
武田 俊哉 環境汚染物質除去のための吸着技術
木質系廃棄物からのバイオエタノール生産
友野 和哲 キャパシタ
リチウム電池
廃棄物シリコンの有価物利用
濵上 寿一 生体新和性を有する無機材料
室温作動型光検知式水素センサ
松井 和則 光機能材料の研究・・・光を使った新素材開発へ
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.