人間共生学部

学部長からのメッセージ


人間共生学部 学部長
教授 新井 信一
急速な国際化や少子高齢化が進み、私たちが暮らす社会は、多くの課題を抱えています。私たちは、人と人、人と社会、人と環境の新しい関係を探求し、それらが共生できる社会をつくるという新たなフェーズに直面しています。関東学院大学では、この時代にふさわしい共生社会をけん引する人材を育成するために、2016年に人間共生学部をスタートさせました。

この学部で学ぶのは「コミュニケーション」と「デザイン」。それぞれ、よりよい社会を築いていくためには欠かすことのできないツールです。このツールを自分のものにしてもらうために、教室での学びに加え、海外や地域コミュニティをフィールドに、多くの人々と協働しながら、主体的に課題の解決に取り組む学びを用意しています。この学びを象徴するのが、3年次の春学期に開設予定の「プロジェクト科目」です。最長6ヶ月の間、海外留学や企業でのインターン、地域社会の中での学びなどを展開していきます。教室で学ぶ知識や教養に加えて、現場を経験することで、学生たちは自分が何を更に学ぶべきかに気づくことでしょう。それこそが将来の社会で必要とされる実践力に繋がるはずです。そして、ここでの学びを通じて、これからの共生社会を担う人が育ってほしいと願っています。

 
 
3つのポリシー
  • 人間共生学部3つのポリシーOpen or Close
    【コミュニケーション学科】
    1.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
    人間共生学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、明確な目的意識と情熱を持ち、次の7つの資質に基づく学部の入学者受入れ方針に適う多様な学生を広く求めます。
    高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
    英語または情報の教科に関する特有の知識や技能を有する。
    自分の考えを伝えられる日本語力を有している。
    柔軟に思考し、自分の意見をまとめることができる。
    社会の諸問題に関心を持ち、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。
    文化・芸術・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
    コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する。


    2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
    人間共生学部コミュニケーション学科は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するため、次に掲げる方針に基づき、教育課程を編成・実施する。
    なお、本方針は、諸科学の進展や社会の変化、本学に対する社会の要請等を踏まえて、常に内容に改善・改良を加え、教育課程並びに教育指導体制の充実に努める。また、各授業科目は、公開授業制度や授業改善アンケートなどのFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動によって、不断の努力をもってさらなる充実に努める。

    教育課程・教育内容
    1 教育課程は、共通科目及び専門科目により体系的に編成する。
    2 共通科目は、「室の木スタンダード」として、人間共生学部、栄養学部、教育学部が連携・協働して編成する。全学的な教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)を踏まえて編成するとともに、教養・総合分野、コンピュータ・リテラシー分野、外国語分野、保健体育分野、その他から構成する。また、初年次教育、コンピュータ・リテラシー、キャリアデザイン、キリスト教、英語の学習を必須とする。
    3 専門科目は、次のように学部基盤科目、プロジェクト科目、学科基礎科目、学科専門科目(メディア・コミュニケーション領域、ビジネス心理・コミュニケーション領域、グローバル・コミュニケーション領域、共生コミュニティ分野及び総合分野)を体系的に編成する。
    (学部基盤科目)
    ・ 人間共生とコミュニケーション及びデザインとの関連性について理解するとともに、人間共生学部における学習の柱となるプロジェクト科目に関する事前学習及び事後学習を行う。
    (プロジェクト科目)
    ・ 学生が各々のプロジェクトを設定し、担当する学科専任教員のもと、学内での学びだけでなく、学内の学びの成果や学外での調査、体験等を有機的に結びつける実践的な学びを行う。
    (学科基礎科目)
    ・ 学科専門科目を学ぶうえで、多様な情報を収集し、それらを的確に論理的に表現して伝える基礎的な知識を段階的に学ぶ。
    (学科専門科目)
    ・ メディア・コミュニケーション領域では、さまざまなメディアを利用した表現技術やメディアを通してのジャーナリズムに関する知識に加え、メディア活用に必要な情報リテラシーや情報通信技術に関する知識や技能、情報通信技術を社会基盤や新ビジネスに活かすための知識を身に付ける。
    ・ ビジネス心理・コミュニケーション領域では、企業などの組織における人間関係や消費者心理を応用したビジネス、特にコミュニケーションが重要視されるホスピタリティ産業に関する知識を身に付ける。
    ・ グローバル・コミュニケーション領域では、コミュニケーションの基礎となる日本語、英語、中国語の言語活用能力と各言語を使用している社会の文化に関する知識を身に付ける。
    ・ 共生コミュニティ分野及び総合分野は、コミュニケーション学科及び共生デザイン学科の共通編成とする。共生コミュニティ分野では、人間共生学部を構成するコミュニケーション学科と共生デザイン学科の専門性を融合し、共生時代のコミュニティリーダーの養成を目指す。総合分野では、学生が自ら選択したテーマについて、ゼミナールを通じて課題解決および調査・研究の方法を身に付けると同時に、そのテーマに関する理解を深め、卒業研究を通じてこれまでの学習、特にゼミナールやプロジェクト科目で取り組んだテーマについて、卒業論文等の成果物の制作を通して研究結果や自分自身の考えをまとめる方法を身に付ける。

    教育方法
    1 講義を通じて、当該科目に必要な知識・技能を教授するとともに、書く・話し合う・発表するといった学生の講義への参加を積極的に導入する。
    2 習熟度別等による少人数教育を推進し、きめ細かな教育を通じて、学習効果を高める。
    3 PBL(Project/Problem- Based Learning)やサービスラーニング等の体験型授業を通じて、課題設定・実践的な解決能力を培う。
    4 フィールドワーク、ボランティア、海外インターンシップ等の授業による社会参加の機会を通じて、多文化を理解し、他者と共生するための思考力・判断力を養う。
    5 キリスト教への理解を軸とした幅広い教養を基に、アクティブ・ラーニングによる能動的な思考・判断の繰り返しと、他者との協働により、公平・公正な判断力を培う。
    6 グループワーク、ディベート、プレゼンテーション等の協働による能動的な学びの場を通じ、傾聴の姿勢と、自らの立場、考えをわかりやすく発信するための能力を培う。
    7 社会連携教育(地域、企業、自治体等との連携による教育)を展開し、社会をフィールドとしたPBLやサービスラーニング等を通じて、社会に参加する機会を創出し、社会参加への主体性を培う。
    8 幅広い教養及び専門分野における知識、技術を基に、アクティブ・ラーニングやゼミナール等により、多様な背景をもった他者と協働するための規律性と柔軟性を養う。
    9 キリスト教及び自校史への理解を基に、PBLやサービスラーニング等による実践的な課題解決のための学びを通じ、社会課題に対して誠実に向き合う姿勢を養う。
    10 ICTを積極的に活用し、LMS(Learning Management System)を通じて、学生へのフィードバックや学習支援を行う。
    11 英語の音声面を中心とした実践的なトレーニングの手法として、CALL(Computer Assisted Language Learning)を用いる。
    12 プロジェクト科目はすべて演習科目とし、インターンシップや海外留学等の学外における学生主体の学習を基本とする。

    学習成果の評価
    学位授与方針の達成度を検証するために、学習成果の評価について次のように定める。なお、検証結果は教育課程編成や授業改善等に活用する。
    1 学期中における理解度を把握するための小テスト及び学期末試験等を用いて、幅広い教養力や専門分野及び地域に関する知識・理解力を評価する。
    2 レポートや論文・プレゼンテーションの成果に基づき、ルーブリックやポートフォリオ等の手法を用いて、建学の精神の実践・奉仕力、問題発見・思考力、倫理観、公平・公正な判断、協働力を評価する。
    3 4年間の学びを通じて、学位授与方針に掲げた能力を総合的に評価する。
    ※ 教育課程の体系性や学位授与方針との対応関係はカリキュラムマップにより別途明示する。

    3.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
    人間共生学部コミュニケーション学科は、教育研究上の目的のもと、次に掲げるすべての能力(4領域12項目の能力)を備え、所定の単位を修得した学生に学位を授与する。

    <知識・理解>
    1. 自己理解と他者理解につながる幅広い教養を身につけている。(幅広い教養)
    2. コミュニケーションに関する知識と方法論を修得している。(専門分野に関する知識・理解)
    3. 本学が立地する「神奈川」の歴史・文化・風土等の特性を理解している。(地域に関する知識・理解)

    <技能>
    4. 発見した問題を、解決するための手法を適切に選択できる。(問題発見・解決力)
    5. 国際社会において協働できるコミュニケーション力を有している。(国際協働力)

    <思考・判断・表現>
    6. 他者がもつ社会的・文化的背景を理解したうえで、自己を客体化して思考することができる。(多文化での共生)
    7. 倫理観と公平・公正の精神を持って、事象を判断することができる。(倫理観、公平・公正な判断)
    8. 他者の意見に耳を傾けるとともに、自らの意見を適切な表現手段を用いて発信することができる。(傾聴と発信)

    <関心・意欲・態度>
    9. 生涯にわたり、進んで知識・教養・技能を高めようとする意欲を有している。(生涯学び続ける意欲)
    10. 社会・地域・組織の一員としての役割を果たそうとする主体性を持っている。(社会参加への主体性)
    11.豊富な知識と広い視野のもとに、様々な背景をもった他者を尊重して協働できる。(チームワーク、他者との協働)
    12.問題に対して誠実に向き合おうとする実践的態度を身につけている。(建学の精神の実践、奉仕動機)


    【共生デザイン学科】
    1.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
    人間共生学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、明確な目的意識と情熱を持ち、次の7つの資質に基づく学部の入学者受入れ方針に適う多様な学生を広く求めます。
    高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有する。
    英語または情報の教科に関する特有の知識や技能を有する。
    自分の考えを伝えられる日本語力を有している。
    柔軟に思考し、自分の意見をまとめることができる。
    社会の諸問題に関心を持ち、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲を有する。
    文化・芸術・スポーツ・社会貢献活動に積極的に取り組む姿勢を有する。
    コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する。


    2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
    人間共生学部共生デザイン学科は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するため、次に掲げる方針に基づき、教育課程を編成・実施する。
    なお、本方針は、諸科学の進展や社会の変化、本学に対する社会の要請等を踏まえて、常に内容に改善・改良を加え、教育課程並びに教育指導体制の充実に努める。また、各授業科目は、公開授業制度や授業改善アンケートなどのFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動によって、不断の努力をもってさらなる充実に努める。

    教育課程・教育内容
    1 教育課程は、共通科目及び専門科目により体系的に編成する。
    2 共通科目は、「室の木スタンダード」として、人間共生学部、栄養学部、教育学部が連携・協働して編成する。全学的な教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)を踏まえて編成するとともに、教養・総合分野、コンピュータ・リテラシー分野、外国語分野、保健体育分野、その他から構成する。また、初年次教育、コンピュータ・リテラシー、キャリアデザイン、キリスト教、英語の学習を必須とする。
    3 専門科目は、次のように学部基盤科目、プロジェクト科目、学科基礎科目、学科専門科目(デザイン構想領域、デザイン表現領域、共生コミュニティ分野及び総合分野)を体系的に編成する。
    (学部基盤科目)
    ・ 人間共生とコミュニケーション及びデザインとの関連性について理解するとともに、人間共生学部における学習の柱となるプロジェクト科目に関する事前学習及び事後学習を行う。
    (プロジェクト科目)
    ・ 学生が各々のプロジェクトを設定し、担当する学科専任教員のもと、学内での学びだけでなく、学内の学びの成果や学外での調査、体験等を有機的に結びつける実践的な学びを行う。
    (学科基礎科目)
    ・ 学科専門科目を学ぶうえで、多様な情報を収集し、それらを的確に論理的に表現して伝える基礎的な知識を段階的に学ぶ。
    (学科専門科目)
    ・ デザイン構想領域では、デザイン文化分野、デザイン企画分野、環境コミュニティデザイン分野における専門的学習を行い、デザインに関する知識や企画立案の手法を身に付ける。
    ・ デザイン表現領域では、デザイン表現共通分野、映像表現分野、グラフィック・プロダクトデザイン分野、インテリアデザイン分野における専門的学習を行い、デザイン表現を実践していくうえでの基本的な技法を身に付ける。
    ・ 共生コミュニティ分野及び総合分野は、コミュニケーション学科及び共生デザイン学科の共通編成とする。共生コミュニティ分野では、人間共生学部を構成するコミュニケーション学科と共生デザイン学科の専門性を融合し、共生時代のコミュニティリーダーの養成を目指す。総合分野では、学生が自ら選択したテーマについて、ゼミナールを通じて課題解決および調査・研究の方法を身に付けると同時に、そのテーマに関する理解を深め、卒業研究を通じてこれまでの学習、特にゼミナールやプロジェクト科目で取り組んだテーマについて、卒業論文等の成果物の制作を通して研究結果や自分自身の考えをまとめる方法を身に付ける。
    教育方法 1 講義を通じて、当該科目に必要な知識・技能を教授するとともに、書く・話し合う・発表するといった学生の講義への参加を積極的に導入する。
    2 習熟度別等による少人数教育を推進し、きめ細かな教育を通じて、学習効果を高める。
    3 PBL(Project/Problem- Based Learning)やサービスラーニング等の体験型授業を通じて、課題設定・実践的な解決能力を培う。
    4 フィールドワーク、ボランティア、海外インターンシップ等の授業による社会参加の機会を通じて、多文化を理解し、他者と共生するための思考力・判断力を養う。
    5 キリスト教への理解を軸とした幅広い教養を基に、アクティブ・ラーニングによる能動的な思考・判断の繰り返しと、他者との協働により、公平・公正な判断力を培う。
    6 グループワーク、ディベート、プレゼンテーション等の協働による能動的な学びの場を通じ、傾聴の姿勢と、自らの立場、考えをわかりやすく発信するための能力を培う。
    7 社会連携教育(地域、企業、自治体等との連携による教育)を展開し、社会をフィールドとしたPBLやサービスラーニング等を通じて、社会に参加する機会を創出し、社会参加への主体性を培う。 8 幅広い教養及び専門分野における知識、技術を基に、アクティブ・ラーニングやゼミナール等により、多様な背景をもった他者と協働するための規律性と柔軟性を養う。
    9 キリスト教及び自校史への理解を基に、PBLやサービスラーニング等による実践的な課題解決のための学びを通じ、社会課題に対して誠実に向き合う姿勢を養う。
    10 ICTを積極的に活用し、LMS(Learning Management System)を通じて、学生へのフィードバックや学習支援を行う。
    11 英語の音声面を中心とした実践的なトレーニングの手法として、CALL(Computer Assisted Language Learning)を用いる。
    12 プロジェクト科目はすべて演習科目とし、インターンシップや海外留学等の学外における学生主体の学習を基本とする。

    学習成果の評価
    学位授与方針の達成度を検証するために、学習成果の評価について次のように定める。なお、検証結果は教育課程編成や授業改善等に活用する。
    1 学期中における理解度を把握するための小テスト及び学期末試験等を用いて、幅広い教養力や専門分野及び地域に関する知識・理解力を評価する。
    2 レポートや論文・プレゼンテーションの成果に基づき、ルーブリックやポートフォリオ等の手法を用いて、建学の精神の実践・奉仕力、問題発見・思考力、倫理観、公平・公正な判断、協働力を評価する。
    3 4年間の学びを通じて、学位授与方針に掲げた能力を総合的に評価する。
    ※ 教育課程の体系性や学位授与方針との対応関係はカリキュラムマップにより別途明示する

    3.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
    人間共生学部共生デザイン学科は、教育研究上の目的のもと、次に掲げるすべての能力(4領域12項目の能力)を備え、所定の単位を修得した学生に学位を授与する。

    <知識・理解>
    1.多様な文化、自然環境との共生に適応できる、幅広い教養を身に付けている。(幅広い教養)
    2.共生の時代のデザインに対応する広い概念としての理解ができている。(専門分野に関する知識・理解)
    3.本学が立地する神奈川の歴史・文化・風土を背景とした生活の特性を理解している。 (地域に関する知識・理解)

    <技能>
    4.課題を発見し解決していく能力を有し、自分の考えを口頭または文章、さらにはデザイン表現を用いて、わかりやすく的確に伝えることができる。(問題発見・解決力)
    5.デザイン表現を活用するなど、国際社会においても協働できるコミュニケーション力を有している。(国際協働力)

    思考・判断・表現
    6.他者がもつ社会的・文化的背景を理解したうえで、様々な課題を発見し、デザインの知識や技能によって解決に向けた分析、考察を展開し、企画を提示できる。(多文化での共生)
    7.共生や環境に関わる倫理観と公平・公正の精神を持って、問題解決のための思考・判断をすることができる。(倫理観、公平・公正な判断)
    8.生活者の声に耳を傾け、彼らの視点に立った新しい生活提案をすることができる。(傾聴と発信)

    <関心・意欲・態度>
    9.生涯にわたり、デザインを通した提案の質的向上を目指す意欲を有している。(生涯学び続ける意欲)
    10.神奈川をはじめとする地域の課題や社会の課題にデザインを通して寄与しようとする意欲をもっている。(社会参加への主体性)
    11.デザインに関する広範な知識と表現技術をもとに、社会において他者と協働しながら主体的に課題に取り組む態度を身に付けている。(チームワーク、他者との協働)
    12.共生のデザインに関わる知識と技術を融合させて、実践的に社会貢献する態度を身につけている。(建学の精神の実践、奉仕動機)
 
教員紹介
  • 人間共生学部の教員紹介Open or Close

    コミュニケーション学科

    氏名 研究テーマ
    新井 信一 福祉ビジネス・社会福祉法人の業績分析
    石井 充 社会におけるITサービス発展の定量的研究
    奥田 博子 批判的言説分析
    言語表現論
    折田 明子 ソーシャルメディアと人・社会・ビジネス
    川村 覚文 文化の政治性を巡る思想的・理論的分析
    共生社会の哲学的考察
    楠 勝範 言語表現におけるコミュニケーション教育
    身体表現におけるコミュニケーション教育
    黒﨑 真由美 ネイチャーライティング(自然と人間の関わり)
    佐野 予理子 組織や集団におけるダイバーシティ
    「ふつう」を巡る心理過程
    施 桂栄 組織体におけるリーダーシップの有効性
    松下 倫子 発展途上国におけるICT産業を起爆剤にした経済開発について
    定性的手法による情報システムの評価
    道幸 俊也 心理学的類型論による動機分析、および職業満足度の研究
    モーザー ジェイソン ケネス 大学の英語教育
    ビジネスイングリッシュ
    異文化コミュニケーション
    山田 留里子 中国語におけるICT活用教育方法研究
    中日翻訳理論
     

    共生デザイン学科

    氏名 研究テーマ
    淡野 哲 デザインとアートの連関
    非機能造形による気付きの考察
    海老根 秀之 S3D(立体視)映像制作手法の研究
    マルチメディアコンテンツの効率的制作
    兼子 朋也 気候・風土に対応した生活環境デザイン
    温熱環境と人間生活
    小林 和彦 実写素材をデジタル加工した映像表現
    3DCGを利用した理論的リアリティの構築
    佐々 牧雄 観察調査を中心としたフィールドワークによるデザインイノベーションユーザー体験(UX)
    及びその周辺の研究
    讃井 純一郎 デザインのためのユーザーニーズ把握、活用に関する研究
    佐野 慶一郎 エコ・マテリアルのデザインとライフサイクルアセスメントに関する研究
    神野 由紀 デザインの考察を通した近代文化研究
    日本の初期消費社会における商品デザインと消費者の意識変容について
    立山 徳子 戦後日本の郊外住宅地をめぐる言説分析
    二宮 咲子 人間-自然関係の地域特性・歴史的文脈、再構築に関する研究
    日髙 仁 領域横断的な空間デザイン
    縮小社会のアーバンデザイン
    藤本 憲太郎 街や大学の建築環境が及ぼす影響について
    映画と文学にあらわれた居住環境について
    水沼 淑子 近代日本における居住様式に関する研究
    近代日本における住宅・住宅地の研究
    山﨑 稔惠 18世紀イギリスの芸術と服飾に関する歴史的・美学的研究
     

    人間環境学部現代コミュニケーション学科 ※2016年度より募集停止

    氏名 研究テーマ
    青柳 明 日本人大学生に対する英語教育
    多分化言語社会における諸問題の研究
     

    人間環境学部人間環境デザイン学科 ※2016年度より募集停止

    氏名 研究テーマ
    杉田 正樹 ヘーゲル哲学研究
    環境哲学
    経済倫理学
LINEで送る

 


 
   

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.