理工学部ロゴ 理工学部 理工学科 生命科学コース

コースの特徴

多様なバイオの知識と技術を幅広く学び、生命科学のエキスパートを育成

生命科学コースでは、微生物学、細胞生物学、分子生物学、生化学、有機化学、食品科学、生態学など、幅広い生命科学の分野を学修します。また、遺伝子解析装置、蛍光顕微鏡、質量分析機、リアルタイムPCRシステムなど、各種の最新装置を使った実験科目が充実しており、高度なバイオの専門知識と実践的なスキルを身につけることができます。生命科学は常に発展している学問であることから、新しい知識や技術に対応する能力が必要不可欠です。学生が自ら課題を見つけ解決策を見つけること、また、講義や、実験科目、卒業研究を通して、学生と教員の双方向コミュニケーションを重視し、薬・医・農・エコロジーなど多彩な業界のエキスパートを育成します。

生命科学コース オリジナルサイトへ

STUDY KEYWORD

  • 動植物
  • 食品
  • 医薬
  • エコロジー

学科紹介動画

学部紹介

学部紹介動画はこちら

理工学部 理工学科 応用化学コース 准教授
友野 和哲

 

CHAPTER

  • 理工学部とは
  • アドミッションポリシー
  • 理工学部の目指す教育
  • コース紹介
  • 教員紹介
  • 研究所紹介
  • 学ぶことの意義

模擬講義

足の遅いカメがウサギに勝った理由 〜犬よりすぐれた嗅覚の勝利〜

理工学部 理工学科 生命科学コース 教授
海老原 充

教員紹介

教員 研究テーマ 業績など
新家 弘也
Hiroya Araie

海洋性微細藻類の代謝研究
藻類由来のバイオ燃料の開発

飯田 博一
Hirokazu Iida

化学を基本とした生命科学の解析
新規有機化学反応の開発と医薬品、化粧品、肥料などへの創製への応用

海老原 充
Mitsuru Ebihara

動物の味覚をはじめとする感覚応答解析
鳥類・爬虫類の雄雌決定メカニズムの解析

尾之上 さくら
Sakura Onoue

培養細胞への食品添加物の影響
動物細胞による有用生理活性物質の生産

川原 一芳
Kazuyoshi Kawahara

微生物由来物質の構造と医薬品・化粧品などへの利用
有害物質分解菌や分解酵素の探索と有効利用

近藤 陽一
Youichi Kondou

植物が環境刺激に応答する仕組みの解明
植物を改良する有用遺伝子の探索と利用

清水 由巳
Yumi Shimizu

有用微生物の分離と分類
有害真菌の検出と病原性解析