理工学部ロゴ 理工学部 理工学科 土木・都市防災コース

コースの特徴

自然災害に強く快適な都市を創出するエンジニアを育成

土木・都市防災コースでは、安全で豊かな都市の実現を目指し、実践的な学修のなかで、地震や台風などの自然災害から人命や都市を守るための技術や、地震に耐える地盤や構造物を作る技術を身につけていきます。また、持続可能で質の高い生活を支えるため、構造物にとどまらず、都市全体、日本、地球規模で環境に配慮した都市空間としての「まちづくり」を目指し、ハードのみならずソフトの視点でも学修します。「大切な人を守りたい。」その想いを具現化し体現できるプロのエンジニアを育成します。

土木・都市防災コース オリジナルサイトへ

STUDY KEYWORD

  • 構造工学
  • 地盤工学
  • 水工学
  • 防災工学

学科紹介動画

学部紹介

学部紹介動画はこちら

理工学部 理工学科 応用化学コース 准教授
友野 和哲

 

CHAPTER

  • 理工学部とは
  • アドミッションポリシー
  • 理工学部の目指す教育
  • コース紹介
  • 教員紹介
  • 研究所紹介
  • 学ぶことの意義

模擬講義

防災・減災・復興学 〜土木の枠を飛び越えろ〜

理工学部 理工学科 土木・都市防災コース 教授
規矩 大義

教員紹介

教員 研究テーマ 業績など
出雲 淳一
Junichi Izumo

コンクリート構造物の補修・補強
コンクリート構造物の維持管理

規矩 大義
Hiroyoshi Kiku

地震時における地盤の液状化に関する研究
地盤と土構造物に関する災害予測と対策技術

北原 武嗣
Takeshi Kitahara

土木構造物の耐震・免震・制震システム
社会基盤施設の災害予測と減災システム

鳥澤 一晃
Kazuaki Torisawa

地震リスク(物的被害、社会影響)の定量的評価
災害情報の時空間解析と可視化

中藤 誠二
Seiji Nakato

風洞実験による構造物の耐風性能の向上
ビル風や空力騒音などの都市の風環境問題

福谷 陽
Yo Fukutani

津波・高潮・豪雨災害リスクの不確実性に関する研究
マクロおよびミクロの視点での災害リスク評価

前田 直樹
Naoki Maeda

地震・間欠泉などの現象の解明
地表付近における地震動の性質について