看護学部

学部長からのメッセージ


看護学部 学部長
教授 木下 里美
看護に大切なのは、人を思う心、人に尽くしたいという気持ちです。しかし、看護学を学ぶ上で、知識を修得することも非常に重要です。表面的な優しさだけではなく、医学的知識を基盤にした看護実践ができる人こそ、患者さんやそのご家族に安心感を持ってもらえるものです。1~2年次は、座学でじっくりと基礎的な知識を学び、臨床の場での実習へと進んでいきます。学んだ知識を、実体験を通じて統合化することで、より深い学びへと繋がっていくことでしょう。

学生たちには、ここで学ぶことに対して、明確な意義や目的を持てなかったとしても、まずは「やってみる」ことが大切にしてほしいと考えています。この学部で学ぶ多くの学生は、入学する時点で、将来の職業に対して明確な目標を持っている場合が多いですが、そうでなかったとしても「やってみる」ことで、多くの気づきを得られるはずです。講義室・実習室での学びに加えて、臨床の現場での先輩看護師や医療関係者、患者さん、そのご家族との出会いを通じて、学びへの意義や目的をきっと得られるはずです。そして、多くの出会いや学びを通じて「看護学とは何か?」という問いの答えを、探してほしいのです。そのなかで、「他者を助けたい」「人の役に立ちたい」といった想いも、育まれていくはずです。

私自身、これまでに多くの患者さんやご家族と接する機会がありましたが、学生時代の実習で最初に接した患者さんとのやり取りは、いまだに鮮明に記憶し思い返すことがあります。看護師を志す学生たちにも、社会に出た後にその歩みを振り返った際に、「学生時代の学びが、今の自分の基盤になっている」と思えるように、充実した4年間を過ごしてほしいと願っています。

 
学科
 
 
3つのポリシー
  • 看護学部3つのポリシーOpen or Close
    1.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
    看護学部は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)との関連性を踏まえるとともに、学部共通の入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、次のように定める。

    <求める学生像>
    看護学部看護学科は、多様な健康問題を持つ人々の尊厳と権利を擁護するための倫理観を有し、地域の生活環境及びチーム医療において看護専門職として多職種と協働して問題を解決するために、調整能力、科学的・論理的思考力、創造的探究心、研究的態度を持つ人材の育成を目指している。したがって、学生には、自己と他者の価値観や地域・社会・文化を尊重しつつ、主体的に学修し、成長を目指していく姿勢や意欲を持つことを求める。

    <入学者選抜において評価する点>
    人の生命と尊厳に関わる看護専門職を目指すには、高い倫理観と生涯にわたって進んで知識・教養・技能を高めようとする態度が必要である。そのため、看護学部看護学科では、基礎的学力を有し、人々の保健・医療・福祉に貢献したいという意欲を持ち、他者を尊重し、関心を寄せ、思いやる心を持って自らコミュニケーションを図り、信頼関係を構築しようとする姿勢や問題に対して誠実に向き合い、公平・公正に事象を捉えようとする態度を評価する。

    <入学前学習として求めること>
    看護学部看護学科では、 高等学校の主要教科(国語、数学、英語、生物、化学)の基礎学力をバランスよく確実に身に付けておくことを求める。また、課外活動などにも積極的に取り組み、人々に関心を持って関わることで、多様な価値観に触れて広い視野を持つことやコミュニケーション能力を高める重要性を理解し、行動していることを求める。さらに、マスメディアなどから健康・医療・福祉などに関する情報を得ることや、自ら興味・関心を持ったテーマに関して探求する積極的態度を持っていることなどを求める。


    2.教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)
    看護学部看護学科は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するため、次に掲げる方針に基づき、教育課程を編成・実施する。
    なお、本方針は、諸科学の進展や社会の変化、本学に対する社会の要請等を踏まえて、常に内容に改善・改良を加え、教育課程並びに教育指導体制の充実に努める。また、各授業科目は、公開授業制度や授業改善アンケートなどのFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動によって、不断の努力をもってさらなる充実に努める。

    教育課程・教育内容
    1 教育課程は、校訓「人になれ 奉仕せよ」を具現化できる看護専門職を育成することを主たる目的とし、共通科目及び専門科目により体系的に編成する。
    2 共通科目は、全学的な教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえて編成するとともに、教養分野及び外国語分野で構成する。また、キリスト教学、コンピュータ・リテラシー、キャリアデザインのほか、専門科目の基盤となる人間への理解を深めるために、倫理学、心理学、生物学を必修とする。
    3 専門科目は、看護の対象を生活者として包括的に捉え、健康課題を解決できる能力の習得を目指す構成とする。専門基礎科目、基礎看護学、生活支援看護学、療養支援看護学、統合看護学を体系的・段階的に編成する。これら看護の専門性を学修し、発展させるために、看護実践にかかわる基礎的知識・技術、科学的・論理的思考力、課題解決能力、パートナーシップ形成能力、協働力、自己研鑽能力を培うために必要な専門科目を編成する。
    (専門基礎科目)
    ・ 人の健康や健康障害と回復の促進、及び人々の多様な健康課題・発達課題を解決する基盤形成のために必要な科目を配置する。また、人の環境・健康支援と社会保障制度に関する科目を配置する。
    (基礎看護学)
    ・ 健康・人間・環境・看護の4つの視点を元に、看護とは何かを問い続け、理論・概念・哲学を学修し、看護の基盤となる技術とアセスメントの方法を修得する。
    (生活支援看護学)
    ・ 保健・医療・福祉の多様なケア環境において、対象の発達課題、健康レベル、健康課題のとらえ方や看護上の目標を達成するための能力を修得する。
    (療養支援看護学)
    ・ 医療の現場において求められる対象との関係形成に基づき、健康障害を持ちながら療養生活を送る対象者の課題解決を支援する能力を修得する。
    (統合看護学)
    ・ 各分野で学んだ知識と技術を統合し、初年次より看護実践及び研究への志向性を高め、保健・医療・福祉の多様なケア環境において適切な看護ケアを提供できる看護実践能力を修得する。

    教育方法
    1 講義や演習・実習を通じて、当該科目に必要な知識・技能を教授するとともに、書く・話し合う・発表するといったアクティブ・ラーニングを積極的に導入する。
    2 習熟度別等による少人数教育を推進し、きめ細かな教育を通じて、学習効果を高める。
    3 フィールドワーク、ボランティア、海外研修等による社会参加の機会を通じて、多文化を理解し、他者と共生するための思考力・判断力を養う。
    4 キリスト教への理解を軸とした幅広い教養を基に、アクティブ・ラーニングによる能動的な思考・判断の繰り返しと、他者との協働により、公平・公正な判断力を培う。
    5 グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーション等の協働による能動的な学びの場を通じ、傾聴の姿勢と、自らの立場、考えをわかりやすく発信するための能力を培う。
    6 社会連携教育(地域、企業、自治体等との連携による教育)を展開し、社会をフィールドとしたPBLやサービスラーニング等を通じて、社会に参加する機会を創出し、社会参加への主体性を培う。
    7 幅広い教養及び専門分野における知識、技術を基に、アクティブ・ラーニングやゼミナール等により、多様な背景をもった他者と協働するための規律性と柔軟性を養う。
    8 キリスト教及び自校史への理解を基に、PBLやサービスラーニング等による実践的な課題解決のための学びを通じ、社会課題に対して誠実に向き合う姿勢を養う。
    9 ICTを積極的に活用し、LMS(Learning Management System)を通じて、学生へのフィードバックや学習支援を行う。
    10 英語の音声面を中心とした実践的なトレーニングの手法として、CALL(Computer Assisted Language Learning)を用いる。
    11 保健・医療・福祉の多様なケア環境において臨地実習を行い、実践的能力を培う。

    学習成果の評価
    学位授与方針の達成度を検証するために、学習成果の評価について次のように定める。なお、検証結果は教育課程編成や授業改善等に活用する。
    1 学期中における理解度を把握するための小テスト及び学期末試験等を用いて、幅広い教養力や専門分野及び地域に関する知識・理解力を評価する。
    2 レポート・論文・プレゼンテーション・技術演習や看護実践の成果に基づき、ルーブリックやポートフォリオ等の手法を用いて、対象に応じた看護を展開できる能力(課題解決能力・思考力、倫理観、協働力、パートナーシップ形成能力、自己研鑽能力)を評価する。
    3 4年間の学びを通じて、学位授与方針に掲げた能力を総合的に評価する。
    ※ 教育課程の体系性や学位授与方針との対応関係はカリキュラムマップにより別途明示する。


    3.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
    看護学部看護学科は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に基づき、教育研究上の目的のもと次に掲げる6つの能力(4つの領域の学習成果)を備え、所定の単位を修得した学生に学位を授与する。

    学生が身に付ける6つの能力
    DP1 人々の尊厳と権利を擁護するための看護倫理観に基づいた判断・行動をとることができる。
    DP2 神奈川をはじめとする地域、社会・文化・国際的背景を踏まえて自己や他者を包括的に理解し尊重できる。
    DP3 看護専門職として関わる人とコミュニケーションをとり、パートナーシップを形成できる。
    DP4 人々の多様な健康課題・発達課題に対し、基礎的知識と技術を活用して解決できる。
    DP5 保健・医療・福祉の多様なケア環境において看護専門職として多職種と協働できる。
    DP6 研究的態度を持ち継続して学び、成長できる。

    段階的成果目標(4つの領域の学習成果)
    上記6つの能力に関するL1(1年生)からL4(4年生)までの成果目標を、「知識・理解」「思考・判断・表現」「技能」「関心・意欲・態度」の4つの領域の学習成果に分類し、のとおり段階的に示す。
 
教員紹介
  • 看護学部の教員紹介Open or Close

    教員紹介

    氏名 研究テーマ
    青木 由美恵 認知症高齢者とその家族への看護に関する研究 
    リフレクション(内省)に関する研究
    飯尾 美沙 小児アレルギー疾患における患者教育
    小児慢性疾患患者のストレスマネジメント
    上野 佳代 高齢者の居場所の研究
    高齢者が住み慣れた地域で過ごすための看護支援
    内山 繁樹 精神に障がいを持つ当事者とその家族への支援
    EBP(Evidence-Based Practices)に基づく心理社会的プログラムの実践
    大元 慶子 海外で就業する日本人の健康支援に関する研究
    高齢者のコミュニケーションに関する研究
    勝川 由美 出産に関するインフォームド・チョイス支援研究
    出産情報システム研究
    金井 Pak 雅子 看護経済
    看護職の労働環境とリーダーシップ
    ワークエンパワーメント
    北澤 友美 運動・スポーツ実践者への看護に関する研究
    木下 里美 クリティカルケア領域における緩和ケア看護に関する研究
    急性期でのチーム連携に関する研究
    栗城 尚之 自殺企図患者への早期看護介入
    地域で暮らす精神障害者の健康自己管理
    看護の人材育成と活用
    小山 裕子 がん薬物法を受ける患者への支持療法
    外来支援
    齋藤 訓子 訪問看護制度に関する研究
    訪問看護ステーションの事業継続に関する研究
    坂梨 薫 退院直後の母親への育児支援に関する研究
    周産期医療の現状と課題に関する研究
    島田 多佳子 看護技術教育に関する研究
    患者の快の体験に関する研究
    末永 真由美 看護師の生涯学習支援に関する研究
    セルフケア能力を高める看護に関する研究
    留畑 寿美江 高齢者への看護技術に関する研究
    加齢と温熱応答に関する研究
    永田 真弓 慢性疾患のある子どものセルフマネジメント支援
    慢性疾患や障害のある子どもの家族への心理社会的支援
    西岡 久美子 成人看護(慢性疾患)に関する研究
    慢性肝臓病患者のエンパワメントに関する研究
    橋浦 里実 子どもと家族における災害対策支援
    馬場 薫 看護職のメンタルヘルス
    精神科における人的資源の活用
    平田 明美 看護管理者の役割認識とスタッフナースの育成
    看護の質保証のための看護管理教育のあり方
    星名 美幸 がん専門病院における終末期がん患者への医療連携
    デスカンファレンスによる医療従事者の行動変容
    森實 詩乃 妻との死別を体験した高齢男性への訪問看護に関する研究
    都市部に暮らす独居高齢者への支援に関する研究
    在宅看護における看護過程の展開に関する研究
    山本 洋美 ハイリスク妊婦の看護ケア
    妊婦期の子育て力を向上するための支援プログラムの開発
    吉野 靖代 集中治療領域におけるせん妄
    集中治療室退室後の患者に関する研究
    吉見 早紀子 認知症高齢者への看護実践能力の向上に関する研究
    リフレクションに関する研究
    若林 律子 慢性呼吸器疾患患者の看護
    呼吸ケア
    慢性閉塞性肺疾患患者のセルフマネジメント
    渡辺 真弓 看護職の長時間労働の質的側面に関する研究
    健康関連データの分析手法に関する研究
LINEで送る

 


 
   

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.